花背の上桂川にそって走っていると黄色い花がちらほら見えます、そのうち大群落が目に入りました、急遽車を止めて近ずいて見ると夏になると空き地や川沿いで盛んに咲く大反魂草(おおはんごんそう)でした。
 明治時代アメリカから渡って来た帰化植物だそうです。地元も方に聞いたら非常に繁殖力が強く困っているとのことで駆除は難しいとおっしゃっていました。
でも遠くから見となかなか魅力的でした。 
e0048413_1534635.jpg
e0048413_154279.jpg
e0048413_1541586.jpg
e0048413_1542779.jpg
e0048413_1543963.jpg
e0048413_1545767.jpg

by kamogawa35 | 2016-07-29 15:05 | 京都北部・北山 | Comments(0)

北山の最奥にある久多の山里は京都市左京区ですが廻りを滋賀県に囲まれていてまるで飛び地のような集落です、過疎化が進んでいますが地元の有志たちが力を合わせ「北山友禅菊」を休耕田で育てています、盛りを迎えたとの情報で早朝に訪ねました、三カ所の休耕田で満開を迎えていました、薄紫の小粒な花がいっぱいに咲いています、茅葺きの民家とのコントラストがサイコーでした。
 世話役をされているつねもとさんに色々教えて頂きました、友禅菊と名付けていますが菊科ではなく七草の一つ「よめな」の一種だそうで10年近い年月をかけて花園を広げて来られたとのことでした、珍しい花でファンが多くこの時期にはカメラマンがとても多いそうです。
朝もやの中にで目の覚めるような薄紫色の絨毯の花景色を満喫しました。
e0048413_18424132.jpg
e0048413_18425650.jpg
e0048413_18431160.jpg
e0048413_18432541.jpg
e0048413_18434036.jpg
e0048413_18435244.jpg
e0048413_184445.jpg
e0048413_18442237.jpg
e0048413_18444390.jpg
e0048413_18445722.jpg
e0048413_1845938.jpg

by kamogawa35 | 2016-07-27 18:46 | 京都北部・北山 | Comments(0)

祇園まつり 花傘巡行

祇園祭りの後まつりと同じ7月24日には祇園祭りの原型と言われる花傘巡行が八坂神社をスタートして街中を巡ります。
山鉾巡行は男のまつりですが花傘巡行は子供たちや女性が主役の華やかで芸能的な祭行列です、約1000名の行列には掛け声もかかって八坂神社前から四条通りは観覧者であふれそうになっていました。
e0048413_200484.jpg
e0048413_2001563.jpg
e0048413_2002913.jpg
e0048413_2004126.jpg
e0048413_2005361.jpg
e0048413_201498.jpg
e0048413_2011469.jpg
e0048413_2013027.jpg
e0048413_2014521.jpg
e0048413_2015956.jpg

by kamogawa35 | 2016-07-25 20:02 | 祭り | Comments(0)

祇園祭 後のまつり

今日は祇園祭の後の祭と花傘行列の日です。
 最初に山鉾巡行の鉾の辻回しをじっくり見ようと考えスタート地点の近く、御池通りの新町交差点近くに場所を確保しました。
新町通りから出てくる八幡山①北観音山②~④南観音山⑤~⑧を観覧、目的の辻回しも良く見えてワクワクします、その次は行列の最後を進み後祭りの主役 大船鉾⑨~⑭です、大型の鉾ですごく迫力があります、今年から付けられた龍頭が人気です、辻回しも楽しめました、その他の山も御池通りに集結してスタートして行きました、先のまつりよりやや人が少なく近くで観覧出来て楽しい祇園祭でした。
e0048413_1984959.jpg
e0048413_199276.jpg
e0048413_1991760.jpg
e0048413_1992868.jpg
e0048413_1994373.jpg
e0048413_1995687.jpg
e0048413_1910884.jpg
e0048413_19102367.jpg
e0048413_19103542.jpg
e0048413_19104771.jpg
e0048413_1910583.jpg
e0048413_19111537.jpg
e0048413_19112514.jpg
e0048413_19113734.jpg
e0048413_1911488.jpg

by kamogawa35 | 2016-07-24 19:16 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

下鴨神社 みたらし祭り

今日から31日まで世界遺産の下鴨神社で、無病息災を願う夏の風物詩「みたらし祭り」(足つけ神事)が始まりました。
早朝5時30分より午後9時まで行われるので夕涼みを兼ねて参拝する人たちも多く年々人気が高まっています。
 初日の今日、暑い昼間でしたが大変多くの来場者があって皆さん冷たいみたらし池に足をつけて「ひやぁ~~冷たい!」と声をあげながらニコニコ顔でロウソクに火をつけて井上社に供え無病息災を願っていました。
300円のお供えで楽しめるみたらし祭りは夕涼みにおススメです。
e0048413_16154920.jpg
e0048413_1616660.jpg
e0048413_16162231.jpg
e0048413_16163551.jpg
e0048413_16165815.jpg
e0048413_1617821.jpg
e0048413_16171833.jpg
e0048413_16173093.jpg
e0048413_16174282.jpg
e0048413_16175214.jpg

by kamogawa35 | 2016-07-23 16:19 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

きゅうり封じ 神光院

北区の西賀茂にある神光院で恒例の「きゅうり封じ」が始まりました。
 神光院は、弘法大師が42歳の時に90日間の修業をしたと伝わっていて大師を本尊としてまつっています 弘法大師が疫病をきゅうりに封じたと伝わる事から疫病除けの祈祷を今日から行います、7月30日までの期間中には多くの参拝者があります。病を封じたきゅうりは本堂横に供えられます、山盛りになります。
 境内には、幕末に活躍した太田垣蓮月尼が75歳からここに隠棲した事が知られ、今も茶室蓮月庵⑥⑦が残されています。
e0048413_1621393.jpg
e0048413_16211719.jpg
e0048413_16213864.jpg
e0048413_1621502.jpg
e0048413_1622591.jpg
e0048413_16221950.jpg
e0048413_16223048.jpg

by kamogawa35 | 2016-07-21 16:26 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

托鉢

他の都市ではもう殆ど見られなくなりましたが、京都には多くの禅寺や本山があって若い雲水たちが修業に来ています。
雲水たちは早朝町へ托鉢に出て「おお~~」と声をあげ喜捨を募ります、廻ってこられるのを待って喜捨を用意しているお家もあります、この托鉢は雲水達の大切な修業の一つだそうです。
たまたま街中で托鉢中の雲水さんを見つけたので写させていただきました。
e0048413_21375613.jpg
e0048413_2138680.jpg
e0048413_21382712.jpg
e0048413_2138389.jpg
e0048413_21385061.jpg
e0048413_21391271.jpg

by kamogawa35 | 2016-07-18 21:40 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

祇園祭 山鉾巡行

今日は祇園祭の前まつりの山鉾巡行の日です、朝方雨が降りましたが巡行の始まる頃には雨が上がりました。
先頭の長刀鉾の稚児がしめ縄を切って巡行が始まりました。
 1時間前に四条通りに着きましたが既に良い場所は先客でいっぱい諦めて巡行だけを写しました、日曜の三連休を忘れていました。 
 先頭の長刀鉾から山を挟んで函谷鉾・月鉾と進む巡行を人並みの間からなんとか写しました。
e0048413_1720866.jpg
e0048413_1720214.jpg
e0048413_17203242.jpg
e0048413_17204482.jpg
e0048413_17205923.jpg
e0048413_17211320.jpg
e0048413_17212695.jpg
e0048413_1721399.jpg
e0048413_17215323.jpg
e0048413_1722636.jpg
e0048413_17221892.jpg
e0048413_1722367.jpg

by kamogawa35 | 2016-07-17 17:24 | 祭り | Comments(0)

国立西洋美術館

今週OB会などに参加するため上京しました、空き時間に今度世界遺産に指定される予定の国立西洋美術館に行きました、何回か観覧した事はありますが世界遺産になるので参観に熱が入りました、会場へは一般客に交じって修学旅行の高校生が続々来ていました、かなりの作品を写すことが出来て大満足でした、魅力いっぱいの作品群でした。
 今日7月16日には正式に世界遺産に登録されると思っていたらトルコのクーデーター騒ぎで延期になってしまいました、タイミングがずれてしまい残念です。
e0048413_21102957.jpg
e0048413_21104249.jpg
e0048413_21105495.jpg
e0048413_2111911.jpg
e0048413_21112327.jpg
e0048413_21113327.jpg
e0048413_21114341.jpg
e0048413_21115210.jpg
e0048413_2112472.jpg
e0048413_21121627.jpg

by kamogawa35 | 2016-07-16 21:14 | 日本のあちこち | Comments(0)

祇園祭 宵宵山

京都の夏をかざる祇園祭の前まつりが17日に行われます、今日は宵宵山で多くの観覧者が夕方から押し寄せています、私も見に行きました。
 陽が落ちるとともに四条通りと烏丸通りがホコテンに、観覧者が急に増えました、山鉾のある通りはすごい混みようです。山鉾を見たり露店をのぞいたり皆さん笑顔です。
 メインの長刀鉾を見たあと室町と新町の鉾を巡りました、足を延ばして山でトップクラスの人気がある「蟷螂山」を観覧しました、カマキリ人形が迫力充分で皆さん興味深げに見ていました、巡行の時はカラクリでカマキリが動きます。
 夜の気配が深まると四条通りは道いっぱいをうめる観覧者です、夜が深まればもっと混みます、明日の宵山はきっとすごい盛り上がりです。
e0048413_22381598.jpg
e0048413_22382721.jpg
e0048413_22383845.jpg
e0048413_22384911.jpg
e0048413_2239011.jpg
e0048413_22391436.jpg
e0048413_22392833.jpg
e0048413_22393930.jpg
e0048413_22395195.jpg

by kamogawa35 | 2016-07-15 22:44 | 祭り | Comments(0)