<   2015年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

赤目四十八瀧

地域の山歩きのグループの企画で三重県の「赤目四十八滝」散策があり参加しました。
好天高温で汗だくになりましたが楽しい滝巡りでした、急坂が多くありましたが渓流沿いは谷底から冷気が湧き出て苦にならずに谷めぐりが出来ました、色々な瀧をご覧下さい。
濃い緑の森の空気を満喫した森林浴でもありました。
 真夏の気温になっていたので人は少ないと思っていましたがさすが人気の赤目四十八瀧です、若い人達、特に山ガールが多かったのには驚きました。
 少し残念だったのは好天続きで水量が少なくなっていて滝の迫力がやや物足りなかったことです。
e0048413_2139177.jpg
e0048413_21392948.jpg
e0048413_21394025.jpg
e0048413_21395796.jpg
e0048413_21401055.jpg
e0048413_21402366.jpg
e0048413_21403866.jpg
e0048413_21405022.jpg
e0048413_2141441.jpg
e0048413_21411949.jpg
e0048413_2141302.jpg
e0048413_21414114.jpg

by kamogawa35 | 2015-05-31 21:43 | 日本のあちこち | Comments(0)

大阪に行った

仲間達との会合が大阪でありました。
少し早めに出ました、JR大阪駅で降りて上のステーションシティへ・・・・京都とは比較にならない人の多さです、圧倒されます。
リニューアルが人気のルクアへ・・・・癒しスペースとして話題になっている蔦屋書店のスタバでゆったりコーヒータイムを楽しみました。
 そのあとは会場の道頓堀へ、川を行く遊覧船の景色やごちゃまぜのアメリカ村独特の雰囲気を楽しみました、刺激になりました。
また今度は梅田界隈の探訪をしようと思い決めました。
e0048413_19474191.jpg
e0048413_194893.jpg
e0048413_19482380.jpg
e0048413_19483514.jpg
e0048413_19484559.jpg
e0048413_19485562.jpg
e0048413_19491271.jpg
e0048413_19492612.jpg
e0048413_19493728.jpg

by kamogawa35 | 2015-05-27 19:53 | 日本のあちこち | Comments(0)

氷室の里

京都市内から杉坂に抜ける山道の途中を少しそれて走ると、ひっそりとした隠れ里のような氷室の里があります。
以前は北山杉と農業の里として活気がありましたが過疎化が進んで寂しくなってしまいました。
 久しぶりに訪ねました、地域のご夫婦が元気に田植をされていました、少し話をしました、高齢化が進んで棚田が守れなくなりそうだと悩みを話されていました、各地の山里の共通の悩みです。
お聞きするだけで何も応援出来ないのが辛い現実です。
e0048413_2141387.jpg
e0048413_2142798.jpg
e0048413_2144018.jpg
e0048413_214538.jpg
e0048413_215342.jpg
e0048413_2151438.jpg
e0048413_2152956.jpg
e0048413_2154234.jpg

by kamogawa35 | 2015-05-26 21:07 | 京都北部・北山 | Comments(0)

北山杉

北山杉を写しに山に入りました。
杉花粉も散ってしまって美しい若葉が揃っていました、ご覧下さい。
杉の幹にまとわりついたツル草も面白いので写しました、秋には美しい紅葉になります。
e0048413_18291893.jpg
e0048413_18293096.jpg
e0048413_18294147.jpg
e0048413_18295415.jpg
e0048413_1830885.jpg
e0048413_18301978.jpg
e0048413_18303210.jpg

by kamogawa35 | 2015-05-25 18:31 | 京都北部・北山 | Comments(2)

青もみじ 常徳寺

京都の鷹ヶ峰にある常徳寺も「もみじ」の美しい寺院です。
ここも本阿弥光悦ゆかりの寺院で茶の湯が盛んです、寛永時代の名妓吉野太夫が朱色の山門を寄進した事でも知られています②
今 「青もみじ」のピークです、私は紅葉より美しいと思っています。
太夫ゆかりの帯塚の辺りの楓の美しさは格別で心が洗われます⑦。
e0048413_18465754.jpg
e0048413_18471530.jpg
e0048413_18472877.jpg
e0048413_18474069.jpg
e0048413_18475293.jpg
e0048413_1848557.jpg
e0048413_18481870.jpg

by kamogawa35 | 2015-05-24 18:49 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

ミニ遠足

昨日、菜園への途中にある岩倉の保育園児が定例になっているミニ遠足で私の菜園の近くに来てくれました。
山裾の道を元気に進みます、とても朗らかで大きな声で「コンニチワー」と挨拶をしてくれます、こちらも元気になります。
 皆で一緒に進もうと先生が先導しますが子供たちは行ったり来たりでなかなか大変です、見ていると先生たちは行列が止まってもしばらく自由にさせてから全体を進めさせます、とても根気がいる作業に見えます、でも笑顔を絶やすことなく誘導されているのに感心しました。
 私にはとても出来ません。
e0048413_18453814.jpg
e0048413_18455257.jpg
e0048413_1846299.jpg
e0048413_18461517.jpg
e0048413_18462625.jpg
e0048413_18463755.jpg
e0048413_18464882.jpg
e0048413_1847034.jpg

by kamogawa35 | 2015-05-23 18:49 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

青もみじ 光悦寺

北区鷹ヶ峰には江戸時代の芸術家 本阿弥光悦ゆかりの寺院が幾つかあります、その一つ光悦の墓地のある光悦寺は茶の湯の盛んな寺で楓が美しい事でもとても人気の高い寺院です。
 今「青もみじ」の盛りを迎えています、入り口から山門をくぐって奥へ続く参道の楓が最高のチャームポイントです、休日には多くの参観者が来ています。
 人のいない朝の時間に写しました、ご覧下さい。
e0048413_21194870.jpg
e0048413_2120385.jpg
e0048413_21201732.jpg
e0048413_21203493.jpg
e0048413_21205082.jpg
e0048413_2121220.jpg

by kamogawa35 | 2015-05-22 21:24 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

青もみじ 阿弥陀寺

左京区大原の奥、古知谷にある「阿弥陀寺」は道路から細い山道を約1キロ登る参道が厳しく本堂まで訪ねる人が少ない古刹ですが、きびしい山寺の雰囲気に満ちあふれた寺院で私はとても気に入っています。
 紅葉の名所として知られ秋は参拝者が多くなります、その楓が今「青もみじ」となって参道で迎えてくれています、誰もいない参道で青もみじを満喫しました。
e0048413_16495363.jpg
e0048413_1650349.jpg
e0048413_16501337.jpg
e0048413_16502667.jpg
e0048413_16504132.jpg
e0048413_16505238.jpg
e0048413_1651288.jpg
e0048413_16511531.jpg

by kamogawa35 | 2015-05-21 16:52 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

バラが満開です 植物園

京都府立植物園でバラが満開を迎えました。
多くのばらファンが訪れて盛り上がっています、しばらく楽しめそうでおススメです。
ご覧下さい。
e0048413_2321038.jpg
e0048413_2322519.jpg
e0048413_2323611.jpg
e0048413_2324995.jpg
e0048413_233933.jpg
e0048413_2332175.jpg
e0048413_2333298.jpg
e0048413_2334562.jpg

by kamogawa35 | 2015-05-20 23:04 | 花を求めて | Comments(0)

仰木の棚田

滋賀県大津市仰木(おおぎ)の翁が谷(おきがたん)には珍しい馬てい形の棚田をはじめ美しい棚田が、比叡山の麓の斜面に広がっています。
 5月16日に訪ねました、現地に行ってみると若い家族連れの人達ッが大勢来ています、聞いて見たら棚田オーナーの人達が田植をする日だと言う事でした、田植えが終わって皆さん一息入れているところでした。
棚田を守るためのオーナー制度に賛同された皆さんです、尊敬します。
馬蹄形の棚田も農家の方が田植機で植えていました、一帯は棚田が広がり素晴らしい眺めです。
もう少しすると苗が育って美しい景色になります、また息抜きに行きたいと思います。
但し農家の方とお話しすると棚田は形が変形で狭く段差もあって大変で作業効率も悪く大変な体力が必要だそうです、その割に出来る米は少ないとのこと、年をとってあと何年続けられるか・・・・・・とおっしゃっていました。
e0048413_1942674.jpg
e0048413_1944224.jpg
e0048413_1945859.jpg
e0048413_1951160.jpg
e0048413_1952297.jpg
e0048413_1953784.jpg
e0048413_1954972.jpg
e0048413_196178.jpg
e0048413_196133.jpg

by kamogawa35 | 2015-05-19 19:06 | 滋賀県 | Comments(0)