ソシン蝋梅

京都府立植物園の西北の方に大きな蝋梅の木が2~3本あります。
普通の蝋梅より花の形が良くて「ソシン蝋梅」の園芸種と書いてありました、蝋細工のように鈍く光る黄金色の花が満載です、とても豪華な感じがします。
 来場者の皆さんもスゴイ!と声をあげながら撮影されていました。
e0048413_16371458.jpg
e0048413_1637567.jpg
e0048413_16373768.jpg
e0048413_16383299.jpg

by kamogawa35 | 2015-01-29 16:39 | 花を求めて | Comments(0)

植物園で温室へ

冬の花を求めて京都府立植物園に行きました、ハンギングバスケットの技を競う企画「花詣」が2月1日まで開催されていましたが今咲いている花は殆どありませんでした。
植物園の職員に聞いたら「春の花はもう少し待って下さい、代わりに温室には魅力的な花がありますよ!」とのご返事。
 早速大温室へ、湿度の高い熱帯温室ではレンズが曇り写真になりません、苦労します。
でも花は美しくて豪華で見応えがあります、楽しみました。
なんとか写せた花写真をご覧ください。
④彗星ラン ⑤白花大紅合歓 ⑥ベニヒモ ⑦クレロデンドルム ⑧王冠龍
e0048413_19454193.jpg
e0048413_19471045.jpg
e0048413_1946767.jpg
e0048413_19473816.jpg
e0048413_19463370.jpg
e0048413_1948137.jpg
e0048413_19465561.jpg
e0048413_19482474.jpg

by kamogawa35 | 2015-01-26 19:50 | 花を求めて | Comments(2)

宇治上神社

昨日アップした恵心院のあと隣にある世界遺産の「宇治上神社」に行きました。
この時期は見るべき花などは何もありませんが日本で一番古い国宝の本殿⑤などがそぼ降る雨に すこしもやったような感じで何とも言えない良い雰囲気です。
宇治上神社の下には宇治地区の氏神になっている宇治神社⑥があります、更に下ると宇治川です⑧、この辺りは源氏物語「宇治十帖」の舞台でした、それにちなんで川沿いには記念の像⑦などがあって往時を思う気分になります。
雨のため人も少なくしっとりとした気持ちの良い散策でした。
 
e0048413_20425860.jpg
e0048413_20431780.jpg
e0048413_20432739.jpg
e0048413_20434864.jpg
e0048413_2043573.jpg
e0048413_20441435.jpg
e0048413_20442469.jpg
e0048413_20444261.jpg

by kamogawa35 | 2015-01-24 20:34 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

恵心院 花の寺

宇治市の宇治上神社の隣に「恵心院」と言う小さな寺院があります、元は龍泉寺という真言宗の寺院でしたが一時廃れました、平安時代 往生要集を編纂した恵心僧都源信が再興したことにより恵心院と呼ばれるようになったそうです。
四季毎に色々な花が咲くので宇治市の市民からは花の寺として親しまれています。
 花の少ない冬ですが水仙や蝋梅・椿・寒ザクラなどが少しずつ咲いていました、春になったらまた訪ねたいと思います。
e0048413_181774.jpg
e0048413_1822244.jpg
e0048413_181337.jpg
e0048413_183859.jpg
e0048413_1822289.jpg
e0048413_1833780.jpg
e0048413_1825060.jpg
e0048413_184578.jpg
e0048413_1831422.jpg

by kamogawa35 | 2015-01-23 18:07 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

北野天満宮 梅花の兆し

学問の神様菅原道真をまつる北野天満宮には入試シーズンを迎え全国から修学旅行生達が学力向上を願って参拝に来ています。
 ここの梅が太宰府天満宮まで飛んで行って「飛び梅」になったと言う言い伝えもあるように北野天満宮は梅の名所になっています。
 数本ある蝋梅が咲き揃ったとの情報で訪ねました、残念ながら狙った蝋梅はまだでした、代わりに紅白梅が少しだけ開いていました、ご覧下さい。
盛りになるのは2月に入ってからです。
e0048413_1054426.jpg
e0048413_10542195.jpg
e0048413_10544556.jpg
e0048413_10545920.jpg
e0048413_10552497.jpg
e0048413_10553751.jpg
e0048413_10555520.jpg
e0048413_105664.jpg
e0048413_10562570.jpg
e0048413_10563550.jpg

by kamogawa35 | 2015-01-22 10:58 | 京都の四季 洛中 | Comments(2)

雲林院 蝋梅満開

北区紫野北大路旧大宮に「雲林院」があります。
歴史ある寺院で現在の大徳寺はこの雲林院の敷地に建てられたと伝わっています、現在は大徳寺の塔頭の一つになっている小寺院です。
寺内に美しい蝋梅の木があって今満開を迎えています、良い香りがしました。
ご覧下さい。
e0048413_1394475.jpg
e0048413_1310335.jpg
e0048413_13102592.jpg
e0048413_13104637.jpg
e0048413_1311325.jpg
e0048413_13111717.jpg
e0048413_13124556.jpg

by kamogawa35 | 2015-01-21 13:12 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

安曇川源流 雪景色

滋賀県安曇川の上流から源流域は葛川と呼ばれる豪雪地域です、坊村のかやぶき家屋を見学したあと流域の木戸口、坂下の辺りで雪景色を撮影しました。
今年は例年と異なり12月から度々雪が降って根雪になっています、地元の方達も今年は特別だとおっしゃっていました。この調子なら雪が消えるのは3月にはいってからになりそうです。
解説抜きですがご覧下さい。
e0048413_21213618.jpg
e0048413_21215241.jpg
e0048413_2122051.jpg
e0048413_21221861.jpg
e0048413_21222875.jpg
e0048413_21225549.jpg
e0048413_2123265.jpg
e0048413_21231882.jpg
e0048413_21232791.jpg

by kamogawa35 | 2015-01-20 21:25 | 滋賀県 | Comments(0)

昨日の菜の花畑のあと、昨年の10月27日にアップした「葛川かやぶきの家」を訪ねました、。
雪景色を期待していたのですが坊村周辺は想像以上の豪雪にになっていて歩くのも大変です、とても大津市の一部だと思えません、比良山と京都北山の間を流れる安曇川上流の雪深い地区ですがこれほどとは思いませんでした。
 安曇川沿いの古民家を移築した「葛川のかやぶきの家」は深い雪に沈んでいます、屋根からはツララが針のように下がっています、屋内には管理当番の方が居られて囲炉裏の傍で色々お話を聞きました、家屋内にはその頃の道具類が色々展示されていて往時の生活を想う事が出来ました。楽しい見学でした。
e0048413_1757761.jpg
e0048413_17574459.jpg
e0048413_175744100.jpg
e0048413_17581380.jpg
e0048413_17581346.jpg
e0048413_17584057.jpg
e0048413_17583735.jpg
e0048413_1759251.jpg

by kamogawa35 | 2015-01-19 17:59 | 滋賀県 | Comments(0)

京都から大津市の堅田へ、琵琶湖大橋を渡ってすぐのところにある守山市の第一なぎさ公園の早咲き「寒咲き菜の花」を見に行きました。
ここは数万本の菜の花と琵琶湖、その先には雪をいただいた比良連峰が望める絶好のポイントです、地元だけでなく関西でも大変人気があり多くの観客が訪れます。
 一週間前から狙っていましたが天候不順で見送っていました、今日は晴れ間もありそうと駆けつけました、先客がどっさりです、人が多く写真になりません、その上比良山には雲がかかってイマイチです、やむなく先客が帰るのと天候の回復を願ってひたすら待ちました、昼頃になってようやく青空が見え始めました、気合を入れましたが比良連峰の雲が消えません、残念ながら今日は退散にしました、2月の初めまで菜の花が見られるので再挑戦をすることにします。
少し写しましたご覧下さい。
e0048413_2012153.jpg
e0048413_2014074.jpg
e0048413_2014559.jpg
e0048413_20222.jpg
e0048413_202775.jpg
e0048413_2022833.jpg
e0048413_2023188.jpg
e0048413_2025181.jpg
e0048413_2025846.jpg

by kamogawa35 | 2015-01-18 20:07 | 滋賀県 | Comments(2)

武射神事 上賀茂神社

世界遺産の上賀茂神社で新年の最後の行事「武射神事」が昨日行われました。
 平安京の時代に始まった宮中行事を引き継いだものだそうで矢を放ち40M離れた的に当てる事で一年の邪を祓い息災に過ごす事を願う行事です。
 午前10時半頃から神職と小笠原流の弓道士達が本殿に参内し儀式を行った後 広場に出て弓を射ました。
はじめに小笠原流射手の代表が模範演技、続いて神職の代表が的を射ます。
そのあときらびやかな王朝衣装に身を包んだ射手たちが並び的に向かって矢を放ち邪気を払いました。
寒中でしたが華やかな行事で観覧者は盛んに写真に撮って楽しんでいました。
e0048413_9335279.jpg
e0048413_9341296.jpg
e0048413_9342451.jpg
e0048413_9343722.jpg
e0048413_9344511.jpg
e0048413_935179.jpg
e0048413_9351158.jpg
e0048413_9352831.jpg
e0048413_9353798.jpg
e0048413_9354916.jpg

by kamogawa35 | 2015-01-17 09:35 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)