<   2014年 04月 ( 48 )   > この月の画像一覧

源光庵 春の庭

北区鷹ヶ峰の源光庵は紅葉時の美しさが人気ですが春の今も新緑が美しく魅力的です。
 禅寺ですが京都では珍しく曹洞宗に属しています、開山時は臨済宗の大徳寺の末寺としてスタートしましたが途中 加賀の国の大乗寺から住職を迎えたため曹洞宗に替わったと説明にあります。
 参道から簡潔な禅寺の気配に満ちています、本堂内には庭園に向かって丸と角の窓が並んでいます、丸は悟りの窓、角窓は迷いの窓と名付けられ参拝者の人気ポイントになっています。
本堂裏の庭園は北山を借景にした新緑・紅葉の美しい魅力の庭園として知られています。
e0048413_2115063.jpg
e0048413_21153225.jpg
e0048413_21152863.jpg
e0048413_2116019.jpg
e0048413_21162652.jpg
e0048413_21162520.jpg
e0048413_21165625.jpg
e0048413_21165490.jpg
e0048413_21172568.jpg
e0048413_21172538.jpg

by kamogawa35 | 2014-04-30 21:20 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

上賀茂神社 新緑

今年のGW前半は雨続きになり出足がそがれました、それならと地元の上賀茂神社を訪ねました、楓が雨に洗われて一段と美しくなった境内の新緑を楽しみました。
特に曲水の宴が行われる渉渓園や御手洗川の辺りの楓の美しさは言葉に表せないほどの素晴らしさです。
しかも天候のせいで人も少なく気分的には独り占めで神苑内を楽しみました。

e0048413_18303113.jpg
e0048413_18302746.jpg
e0048413_1831762.jpg
e0048413_1831389.jpg
e0048413_18313193.jpg
e0048413_18312836.jpg
e0048413_18315693.jpg
e0048413_18315579.jpg
e0048413_18322564.jpg

五月に入ると十五日の賀茂祭「葵まつり」に向かって四日には斉王代のみそぎ式、五日には賀茂くらべ馬など色々な行事が続き盛り上がって参ります。
by kamogawa35 | 2014-04-29 18:36 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

鷹ヶ峰の光悦寺と妙見宮にも行きました。
光悦寺の楓の美しさは格別ですがやっと新緑が始まったところだったので中には入らず参道の新緑を写しました、あと1週間で楓の緑が鮮やかに輝くと思いました。
光悦寺の向かいには妙見宮の名前で知られている園成寺があります、ここの新緑の美しさと紅葉の見事さは格別です、但し参拝は自由ですが門内全域写真は撮れません、山門の外から写しました。
e0048413_2223306.jpg
e0048413_2223225.jpg
e0048413_22235482.jpg
e0048413_2223451.jpg
e0048413_2224194.jpg
e0048413_2224218.jpg
e0048413_2224541.jpg

by kamogawa35 | 2014-04-28 22:26 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

鷹ヶ峰常照寺 新緑

新緑のスタートは鷹ヶ峰です、最初に常照寺を訪ねました、門前の緑と山門を入った右側にある帯塚の緑をたっぷりと愉しみました。
本堂の辺りの楓もこれから本格的に緑が美しくなります。
この辺りには四つの寺院があります、拝観しなくても充分楽しめるお勧めの場所です。
e0048413_156484.jpg
e0048413_1510554.jpg
e0048413_1591326.jpg
e0048413_15102655.jpg
e0048413_1593184.jpg

by kamogawa35 | 2014-04-27 15:10 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

佐々里の里にも春が

京都北山の最北部佐々里の里にも春が訪れています。
家屋は21軒ありますが人が住んでいる家は11軒しかありません、それも高齢者ばかりです。
先々どのようになって行くのか心配です、何人かとは話をする仲間になりました、皆さん人と話す機会が少なくなって話をしだすと延々と続きます、出来るだけお付き合いします。
桜が満開ですが花桃やレンギョウとシャクナゲも盛りを迎えていました、写せてラッキーでした。
e0048413_19545620.jpg
e0048413_1955857.jpg
e0048413_19552334.jpg
e0048413_19553387.jpg
e0048413_19554731.jpg
e0048413_19555941.jpg
e0048413_19561168.jpg

by kamogawa35 | 2014-04-26 19:59 | 京都北部・北山 | Comments(0)

北山の春を体感しようと花背から佐々里峠をドライブしました。
天気が良くてサイコーでした、峠にはまだ雪が残っています、ブナの樹もまだ葉が出ていません。
近いうちにもう一度訪ねたいと考えています。
e0048413_19153129.jpg
e0048413_1916968.jpg
e0048413_1916392.jpg
e0048413_19163649.jpg
e0048413_19162565.jpg
e0048413_191657100.jpg

by kamogawa35 | 2014-04-26 19:19 | 京都北部・北山 | Comments(0)

平等院 鳳凰堂修復完成

宇治市の平等院鳳凰堂(世界遺産)は平成24年の秋から修復されていましたが修理が完成して4月1日から公開が始まりました。
創建時の姿に復元された鳳凰堂は拝観の人たちの感動を集めてています。
 平等院は1052年 時の関白藤原頼道によって父道長の別荘を寺院に改め作られました、極楽浄土の宮殿をイメージした鳳凰堂は左右に翼堂を広げた平安朝を代表する姿です、皆さんは十円硬貨の模様に使われているのでなじみがあると思います。
 私は名物のフジも一緒に見ようと今日訪ねました、2年振りに見る鳳凰堂は創建当時の朱塗りの姿に戻っていて感激しました、朝一に行ったので鳳凰堂の内部の参観も出来ました、仏師定朝作の阿弥陀如来が圧倒的な迫力です、堂内壁面にかかる52体の雲中供養菩薩像(転写)も魅力いっぱいです。
はじめて眺めた堂内からの浄土式の庭園も絶景でした。
今日は雲一つない快晴で鳳凰堂の屋根で金色に輝く2体の鳳凰に皆さん感激の声をあげていました。
素晴らしい参観が出来ました。
期待していた藤棚は庭師が剪定の失敗をしたらしく花が殆ど付いていなくてさみしい姿でした、残念。
e0048413_2274394.jpg
e0048413_2275299.jpg
e0048413_228843.jpg
e0048413_2282058.jpg
e0048413_2283717.jpg
e0048413_2285256.jpg
e0048413_229831.jpg
e0048413_229136.jpg
e0048413_2292818.jpg
e0048413_2293696.jpg

by kamogawa35 | 2014-04-25 22:22 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

静原の里 春景色

洛北の大原の手前の山里に「静原」があります、山あいの里で農業と林業が主たる産業です。
心が和む里としてアピールしています、観光面では特別なものはありませんがのんびりと里めぐりをするのがおススメです。鯉のぼりを楽しんだ後、静原神社までゆっくり歩いてお参りしました。
名前の通りの静かな里です。
e0048413_21314339.jpg
e0048413_21314581.jpg
e0048413_21321694.jpg
e0048413_21321132.jpg
e0048413_21324379.jpg
e0048413_21323636.jpg
e0048413_2133579.jpg

by kamogawa35 | 2014-04-24 21:35 | 京都北部・北山 | Comments(0)

鴨川菜の花満開

鴨川上流の北大路橋あたりには野生の菜の花が川の中州に定着して春になると鮮やかな花を咲かせます、この菜の花は野菜の菜の花と違って海外から侵入して定着した外来の菜の花のようです。
京都のあちこちの川で定着しています、すごい定着力で多分全国的に繁殖していると思います。
 鴨川の堤は散歩をする人走る人・犬の散歩やラジオ体操などと朝から賑やかです。好天の今日は昼間眺めるとすごい景色でした①。
e0048413_2046649.jpg
e0048413_20465275.jpg
e0048413_20463074.jpg
e0048413_20471941.jpg
e0048413_2047490.jpg
e0048413_20474820.jpg
e0048413_20472667.jpg
e0048413_20481362.jpg
e0048413_20475346.jpg

by kamogawa35 | 2014-04-23 20:49 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

洛北大原の春

京都市内から北へ1時間、大原の山里でも桜が終わって菜の花など春の草花が一斉に咲き始めました。集落が一望できる高台に上がって里景色を眺めてから花めぐりをしました。田圃では田植の準備作業が始まっていました。
新緑と併せてしばらく楽しめます、近いうちにまた訪ねます。
大原と言えばすぐに「三千院」や「寂光院」が思い出されますが観光地でない昔からの山里もとても魅力的でのんびりと里めぐりをすると心が和みます!癒されます!!おススメです。
e0048413_21111837.jpg
e0048413_21112995.jpg
e0048413_21114166.jpg
e0048413_21115146.jpg
e0048413_2112430.jpg
e0048413_21121432.jpg
e0048413_21122635.jpg
e0048413_21124654.jpg

by kamogawa35 | 2014-04-22 21:16 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)