<   2013年 05月 ( 34 )   > この月の画像一覧

園内の花ゾーンでこの時期に断然人気があるのはバラ園です、家族連れ・カップル・グループが続々と集まって来ます、読書や写生をする人の多いのにも驚きました、バラはやっぱり華やかで素晴らしい、楽しみました。
e0048413_21545889.jpg
e0048413_21551339.jpg
e0048413_21552433.jpg
e0048413_21553592.jpg
e0048413_21554627.jpg
e0048413_215606.jpg
e0048413_21561233.jpg
e0048413_21562424.jpg
e0048413_21563865.jpg
e0048413_21565035.jpg

by kamogawa35 | 2013-05-31 21:58 | 花を求めて | Comments(0)

植物園 夏の花達1

府立植物園では初夏から夏への草花やバラ・アリウム・芍薬などが満開を迎えています、木々の緑も一段と濃くなって来て夏到来を感じます。
暑い陽ざしの下でも写生をしたり写真を写したり皆さん楽しそうに過ごしていました。
e0048413_21205442.jpg
e0048413_21211542.jpg
e0048413_2121321.jpg
e0048413_21214484.jpg
e0048413_21215822.jpg
e0048413_21221253.jpg
e0048413_21222650.jpg

by kamogawa35 | 2013-05-31 21:23 | 花を求めて | Comments(0)

鳥にやられた

菜園で昨年に続いてエンドウ豆・スナップエンドウ・スイトピー④とエンドウ豆系のものを栽培しています。
間もなくエンドウ豆とスナップエンドウが収穫できると楽しみにしていた昨日、畑に行くと周りの畝一面にに豆の空さやが散らばっています②、よく見るとエンドウ豆の茎が引き下ろされ豆が殆ど食いちぎられていました、カラスかヒヨドリが襲来して食いつくしたようです。
力が抜けてしまいました、今年は収穫なしです、昨年は被害が無かったのにショックです。
同じ畝にスナップエンドウも栽培しているのにこれには被害がありません③、豆が入っているエンドウだけを食べてしまうとは・・・・カラスかヒヨドリか判りませんが賢い鳥です。
鹿とイノシシの対策は出来ましたが空からの対策は不十分でした、これからまた知恵くらべです。
魅力的なアザミが咲いていたので気分転換になりました⑤
e0048413_2047985.jpg
e0048413_20472891.jpg
e0048413_20475431.jpg
e0048413_20481383.jpg
e0048413_20482725.jpg

by kamogawa35 | 2013-05-30 20:56 | 野菜作り | Comments(4)

山荘美術館を見たあと、友人たち4人で大山崎の街を歩きながらサントリーの山崎蒸留所を目指しました、この地は秀吉と光秀が天下分け目の戦いを行った天王山の麓にあり歴史上でも京都と大阪をつなぐ西国街道の要地でした。
駅前には妙喜庵があって利休の茶室待庵(国宝)があります、また製油の発祥の離宮八幡宮などもあって歴史を感じます。
 またここは山崎の名水と呼ばれる清らかな湧水が名高いところです、サントリー創業の鳥居信次郎がこの水を使って1924年にモルトウイスキーを作ったのがこの「山崎蒸留所」です。
 見学はウイスキーの全醸造工程を解説を聞きながら見る事が出来ます、現在は高級ウイスキーの「山崎」を作っています。創業時からの樽が並んでいる様は壮観でした、見学終了後山崎ウイスキーの試飲があり良い気分になりました
e0048413_22342864.jpg
e0048413_22344131.jpg
e0048413_22345790.jpg
e0048413_22351141.jpg
e0048413_22352388.jpg
e0048413_22353644.jpg
e0048413_22354697.jpg
e0048413_2236035.jpg

昨日アップしたアサヒビール山荘美術館とサントリー山崎蒸留所プラス歴史ポイントをセットにすると楽しいミニコースになります、おススメです。
by kamogawa35 | 2013-05-29 22:38 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

先週末、京都と大阪の境界にある大山崎の街を少し歩き「アサヒビール大山崎山荘美術館」や「サントリーの山崎工場などを訪ねました。
大山崎は天王山の麓にあって宇治川・桂川・木津川の三川が合流して淀川となる場所で昔から交通の要所となっています、また天王山の戦いが行われた場所としても有名です。
 美術館にはアサヒビール初代社長の山本為三郎が寄贈した貴重な民芸作品を始め魅力いっぱいの展示品で見飽きません、安藤忠雄の作った地中宝石箱も楽しめます。
しかし撮影禁止で残念でした。(外国ではフラッシュを焚かなかったら殆どの美術館が撮影OKです)
外観とバルコニーからの景色・深緑の庭園などをご覧ください。
e0048413_220640.jpg
e0048413_2202034.jpg
e0048413_2203322.jpg
e0048413_2204434.jpg
e0048413_220569.jpg
e0048413_221881.jpg
e0048413_2212253.jpg

by kamogawa35 | 2013-05-28 22:03 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

広河原から佐々里峠へ

昨日一昨日に続いて北山花背の里あたりです。
花背最奥の広河原から佐々里峠に登りながら新緑の盛りを迎えた山の緑を楽しみました、強い陽の光を受けて木々が輝いています、雲一つない紺碧の空とのコントラストは強烈です。
標高700Mに近い峠道は今が緑の盛りです。
 平常はあまり目立たないミズキが小さな白い花の束をどっさりと付けています、山の斜面のあちこちで咲いていてこの時期だけは存在感を示しています。
e0048413_2237694.jpg
e0048413_22373141.jpg
e0048413_22374725.jpg
e0048413_2238255.jpg
e0048413_22381358.jpg
e0048413_2238267.jpg
e0048413_22383944.jpg
e0048413_22385877.jpg

by kamogawa35 | 2013-05-27 22:41 | 京都北部・北山 | Comments(0)

花背 初夏の山里

昨日アップした佐々里峠から下る山道や花背の集落をのんびりと巡りました。
初夏を通り越して真夏を感じる陽ざしの中でしたが空気が乾燥していて気持ちの良い山里歩きです。
 広河原から別所の間の「花背」は集落を流れる上桂川の清流と濃くなった緑がマッチして癒されます、市内ではとっくに終わったフジがピークです、まだあちこちで咲いています。
珍しいマムシ草もしっかり写す事が出来てラッキーでした。
これから梅雨を迎えるともっと緑が濃くなって雰囲気の良い景色になります、おススメの和みエリアです。
e0048413_21332594.jpg
e0048413_21335732.jpg
e0048413_21343365.jpg
e0048413_213458100.jpg
e0048413_21352653.jpg
e0048413_21355142.jpg
e0048413_21373292.jpg

by kamogawa35 | 2013-05-26 21:41 | 京都北部・北山 | Comments(0)

佐々里峠のブナと芦生杉

京都の北山の最奥、左京区花背と南丹市美山の境界になっている「佐々里峠」に行きました。
標高735Mの峠は豪雪地帯で道路は冬季閉鎖されます。
 峠に車を止めて山道を北へ、芦生の京大演習林の近くまで入りました。ここにはブナの樹が多くあり車道から僅かな時間でブナの森を楽しむ事が出来ます、ナマクラ派の私にとってはとてもありがたい場所です、ブナは若葉が出そろい大きく手を広げたような魅力的な姿になっていました②~⑤
すっかり緑に代わった稜線の木々の間をルンルン気分で進むと今度は何百年も耐えたような芦生杉の巨木が現れます⑥~⑧
昨日は雲一つない好天で初夏の強い日差しが木漏れ日になっていましたが、木々の間を抜ける爽やかな風で汗もあまりかかずに森林浴を満喫する事が出来大満足でした。
e0048413_20483893.jpg
e0048413_20485757.jpg
e0048413_20491318.jpg
e0048413_20492713.jpg
e0048413_20555736.jpg
e0048413_20561846.jpg
e0048413_20563059.jpg
e0048413_20564568.jpg

by kamogawa35 | 2013-05-25 20:59 | 京都北部・北山 | Comments(0)

氷室の棚田

市内北区の鷹ヶ峰から杉坂へ抜ける道の途中の京見峠を過ぎたところで細い道に外れて進むと京都の隠れ里「氷室の里」があります。
地球がもっと寒かった頃、この辺りは極寒の土地で夏に氷を宮廷に納めるための氷室が幾つも作られていました、今は跡地があるだけで「氷室」と言う地名が残っています。
 現在は十数軒になってしまいましたが農林業で地域を守っておられます。
私はここの自然豊かな景観と別天地の雰囲気がが好きで時々訪ねます。
規模は小さなものですが棚田があります、田植えを狙って昨日行ってみました。
ベストタイミングで田植え作業を見る事が出来ました、ご覧下さい。
e0048413_21434251.jpg
e0048413_21435452.jpg
e0048413_2144752.jpg
e0048413_21441751.jpg
e0048413_21442738.jpg
e0048413_21443820.jpg
e0048413_21444854.jpg
e0048413_214586.jpg
e0048413_21452426.jpg

by kamogawa35 | 2013-05-24 21:53 | 京都北部・北山 | Comments(0)

アイリス満開

菜園で二種類のアイリスが咲きそろいました。
しばらく楽しめそうです。
間もなく野菜の花が色々咲きそうで楽しみです。
e0048413_2141562.jpg
e0048413_2142868.jpg
e0048413_2144139.jpg
e0048413_2145347.jpg
e0048413_215699.jpg

by kamogawa35 | 2013-05-23 21:05 | 野菜作り | Comments(0)