<   2013年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

美山 かやぶきの里

毎年冬になると雪に包まれた景色を見たくて美山の「かやぶきの里」へ行きます。
一日空き日が出来たので車を走らせました、期待していたのですが美山地区に入っても道は雪なし田畑も雪が目立ちません、不安が募ります。
 かやぶきの里に着いたら昨年と違い雪がほとんど消えていました、タイミングが遅くここ数日の気温のゆるみで雪が溶けてしまったそうです。かやぶき家屋の南側は全く雪なし北の屋根に少し残っているだけでがっかりです、団体バスで来ている人達も大勢いましたが残念!がっかり・・・の言葉ばかりでした。
 車の運転が大変ですがもう少し早く行くべきでした。
e0048413_21232326.jpg
e0048413_21234387.jpg
e0048413_21235694.jpg
e0048413_2124713.jpg
e0048413_21242279.jpg
e0048413_21243147.jpg

(昨年の1月10日と11日にアップしたブログ、かやぶきの里の1と2をご覧いただいたら雪に埋まる集落のピーク時の景色がご覧いただけます)
by kamogawa35 | 2013-01-31 21:29 | 京都北部・北山 | Comments(0)

今宮神社 雪化粧

先日珍しく北区紫野の今宮神社のあたりにも雪が降り全体が雪化粧をしたように白くなりました。
南門はすでに雪が溶けていたので「あぶり餅」を売る茶店が並ぶ東門から境内に入ると、本殿周りは雪が残り清らかな空気に満ちていて身が引き締まりました。
でも少しすると太陽の熱気であっという間に雪が消えて行きました。
e0048413_21175163.jpg
e0048413_2118830.jpg
e0048413_21182381.jpg
e0048413_21183726.jpg
e0048413_21185013.jpg
e0048413_2119454.jpg

by kamogawa35 | 2013-01-30 21:21 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

大原 雪化粧

今冬は冷え込みが厳しく洛北大原の里では度々雪景色が現れます。
比叡山や比良連峰からの冷気が山を下り山里の狭い平野に雪を降らすためです、雪景色を見ようとドライブしました。
眺望の良い丘からの眺めはサイコーでした、薄日を受けた集落と田畑が輝いていてとても良い気分になり寒さを忘れました。
 
e0048413_1946068.jpg
e0048413_19461464.jpg
e0048413_19462611.jpg
e0048413_1946491.jpg
e0048413_1947837.jpg
e0048413_19481273.jpg

by kamogawa35 | 2013-01-29 19:52 | 京都の四季 洛北 | Comments(1)

上賀茂神社 冷え込み

この数日の冷え込みは格別でまさに「京の底冷え」の言葉通りの寒さです、今朝はうっすらと雪が広がっていました、すぐに消えそうな淡雪だったので上賀茂神社に駆けつけました。
昨夜からの冷え込みでサラサラの淡雪があたりに広まっています、早朝参拝の人がポツポツ来る程度で足跡もない境内は張り詰めたような冷気が満ちていました。
しばらく写していたら寒さで指先の感覚が無くなってしまい退散しました。
e0048413_20585488.jpg
e0048413_2059492.jpg
e0048413_20591791.jpg
e0048413_20592759.jpg
e0048413_2059381.jpg
e0048413_20594888.jpg
e0048413_20595755.jpg

by kamogawa35 | 2013-01-28 21:08 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

今年の大河ドラマ「八重の桜」がスタートしました、主役の綾瀬はるかの人気もあって大ヒットが予想されています。「ならぬものはならぬ」も流行語になりそうです。
その八重が同志社大学を創立した新島襄と結婚し暮らした私邸が「新島旧邸」です、当時のまま、大学が保存していて京都市の有形文化財に登録されています。
京都御苑の東側の寺町通り沿いにあり申し込みをすれば見学できます、今年は大河ドラマブームで人気沸騰 見学者が急増して事前申込制になってしまいました。
新島邸は明治11年に竣工されここで同志社大学の前身「同志社英学校」がスタートしています、建物は外観は洋風で内部は和風をとりれた和洋折衷で当時としては近代的な建物でした、八重はここを舞台に新島襄と協力して大学発展に尽します、襄の死後もここに住んで昭和7年87歳で亡くなるまで各種の慈善活動で大活躍をしました。
今後のドラマの展開が楽しみです。
 玄関から入ると台所・食堂・応接間・書斎・居間茶室(寂中庵)などが連なります、また風呂桶や当時では超珍しい洋式トイレなども興味深く見学しました。(2階は非公開)
 ドラマに興味のある方は見学されたらいかがですか、なかなか面白いですよ、私が見学した日も東京や富山県・兵庫県の方達が大勢来ていました、無料です。
e0048413_21412542.jpg
e0048413_21413564.jpg
e0048413_21414554.jpg
e0048413_21415519.jpg
e0048413_2142967.jpg
e0048413_2142194.jpg
e0048413_2142301.jpg
e0048413_21424183.jpg
e0048413_21425044.jpg

by kamogawa35 | 2013-01-26 21:51 | 京都の四季 洛中 | Comments(2)

初天神

菅原道真を祀る北野天満宮では道真の命日の25日には月次祭が行われ市が立ちます。
今日は一年の最初の25日で初天神です、露店もぎっしりと並び朝から大勢の参拝者が訪れ、大賑わいで盛り上がっていました。
 また梅の名所でもあるので早咲きの梅があるかも・・・と期待していましたが、まだまだかたいツボミです、代わりに蝋梅が盛りで黄金色の花をつけて太陽に輝いていました。
2月後半には盛りを迎えると思われるので再挑戦をします。
思いがけない巫女さんの神楽舞で満足しました。
e0048413_20462564.jpg
e0048413_20463926.jpg
e0048413_20465083.jpg
e0048413_2049225.jpg
e0048413_20491543.jpg
e0048413_20492837.jpg
e0048413_2049388.jpg

by kamogawa35 | 2013-01-25 20:53 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

大津市 葛川あたり

行政区は大津市ですが比良山脈の西側を流れる葛川は、琵琶湖に流れる安曇川の上流で冬季は雪に埋もれる豪雪地域です。
 雪景色を見ようと行ってみました、数日の暖気で少し雪が少なくなっていましたが冬の盛りの雪景色を楽しむ事が出来ました。国道が通っていて除雪は万全ですから2月いっぱいは雪景色が楽しめそうです。
解説無しですがご覧下さい。
e0048413_21453196.jpg
e0048413_21454310.jpg
e0048413_21455569.jpg
e0048413_2146942.jpg
e0048413_21462234.jpg
e0048413_21463656.jpg
e0048413_21464610.jpg
e0048413_21465770.jpg

by kamogawa35 | 2013-01-24 21:49 | 滋賀県 | Comments(2)

菜の花満開

滋賀県の琵琶湖大橋を渡ってすぐの守山市第一なぎさ公園で寒咲の菜の花が満開を迎え多くの観客を集めています。
特に今年は新聞やTVで度々報道されて例年よりはるかに多いカメラマンが来て朝から大賑わいです。
 私は雨が上がった今朝行ってみました、空は曇り気味でしたがモヤも無くて遠景に雪をかぶった比良山系がくっきりと見えてサイコー!菜の花・琵琶湖・比良山と三重の景色②③を楽しむ事が出来ました。
 今日も美しいタレントさんを連れた報道関係らしいチームが来ていて菜の花に埋まった女性を写していました、そばに居たのでチャッカリ私も写させていただきました。
e0048413_2011842.jpg
e0048413_20112120.jpg
e0048413_20113399.jpg
e0048413_20114575.jpg
e0048413_2012076.jpg
e0048413_20121236.jpg

by kamogawa35 | 2013-01-23 20:13 | 滋賀県 | Comments(0)

鷹ヶ峰 常徳寺

北区鷹ヶ峰の常徳寺は茶の湯でも知られていますが島原の吉野大夫が奉納した朱色の吉野門のある寺としても人気があり、5月には現役の太夫が島原から来て太夫道中を奉納することでも知られています。
雪の日に訪ねました、淡雪が溶けかけていましたが何とか雰囲気だけは写す事が出来ました。
e0048413_10322677.jpg
e0048413_10323940.jpg
e0048413_10325064.jpg
e0048413_1033812.jpg
e0048413_10331949.jpg
e0048413_10333458.jpg

by kamogawa35 | 2013-01-22 10:38 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

城南宮 湯立て神事

京都市の南、名神京都南インターの傍にある「城南宮」で今年一年の除災を願う湯立神事がありました。
 平安時代に都が京都に移された際に王宮の南方をを守る神社として建てられたのが城南宮で、今も方除けや厄除けの神として人気があり参拝者が絶えません。
今日は神職による儀式のあと除災を願って巫女たちの神楽が二番奉納されました、続いて本番の湯立神事が始まります⑦~
この日のために選ばれた巫女が文政6年(1823)の銘を持つ大釜の湯を笹の葉で勢いよく散らして邪気を祓い、無病息災・願望成就を祈願します。神事終了後、福笹を特別に授与しました。 
 城南宮の湯立神事を見るのは初めてでしたが本番の湯立の前に、美しい巫女さんの神楽奉納もあって大変見ごたえがあり満足しました。
参観者も多く来ていましたが本殿前の会場が広くゆったりと見学でき写真も自由に写せラッキーでした。
e0048413_21594897.jpg
e0048413_21595824.jpg
e0048413_220956.jpg
e0048413_220223.jpg
e0048413_2203492.jpg
e0048413_2204990.jpg
e0048413_221031.jpg
e0048413_2211125.jpg
e0048413_2212399.jpg
e0048413_2213540.jpg

by kamogawa35 | 2013-01-20 22:03 | 京都の四季 洛南 | Comments(0)