神泉苑 観月会

今日は中秋の名月ですが、台風17号の襲来で朝から雨風が続いていて残念ながら月を見ることは叶いません。

昨29日 二条城の隣にある「神泉苑」で観月会が行われました。
見に行ってしばらくしたら雨が落ちて来て空は真っ暗、期待していましたが月は見えませんでした。
拝殿では予定通り奉納演奏が行われました、雰囲気があって楽しいものでした。
7番目の月は万一のために28日に写しておいたものです。
e0048413_16561034.jpg
e0048413_16562373.jpg
e0048413_16563561.jpg
e0048413_16565647.jpg
e0048413_16575472.jpg
e0048413_1658472.jpg
e0048413_16581534.jpg

by kamogawa35 | 2012-09-30 17:00 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

岩倉 秋日より

菜園のある岩倉の奥で秋が盛り上がっています。
昨日は天気も良くて秋の空を満喫です。ススキや彼岸花など秋の花も目立ちます、赤とんぼやヒョウモン蝶なども活躍し始めました、秋の盛りを感じる日でした。
e0048413_21282443.jpg
e0048413_21283422.jpg
e0048413_21284597.jpg
e0048413_2128564.jpg
e0048413_2129697.jpg

by kamogawa35 | 2012-09-29 21:29 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

静原 花畑

洛北静原は市内から大原への途中にある静かな山里です。
北山につながる優しい低山が連なる麓の盆地で農地が広がっています、道路沿いの休耕田を活用してコスモス畑を作っています。
 今盛りを迎え道を通る車が次々とまって眺めたり写真に撮ったりしています。私も車を止めしっかり写しました。
地元の方のお話では10月中旬まで楽しめるとのことでした。
e0048413_21445581.jpg
e0048413_21451887.jpg
e0048413_21453234.jpg
e0048413_21454314.jpg
e0048413_2145564.jpg
e0048413_2146626.jpg

by kamogawa35 | 2012-09-28 21:47 | 京都の四季 洛北 | Comments(2)

源光庵のススキ

北区鷹ヶ峰にある源光庵門前のススキ景色が見頃だと聞いて訪ねました。
京都の禅寺は殆ど臨済宗ですがここは道元禅師の流れをくむ曹洞宗の禅寺で日曜の早朝には参禅会なども行われています。
 奥の本堂では丸・四角の窓から眺める紅葉景色が魅力で秋が深まると観光客が殺到します。
特徴のある山門前に立派なススキが植えられていて今が盛り、初秋を迎えた山里の禅寺らしい雰囲気がとても良い感じでした。
e0048413_2235913.jpg
e0048413_2241761.jpg
e0048413_2243257.jpg
e0048413_2244555.jpg
e0048413_225284.jpg

by kamogawa35 | 2012-09-27 22:06 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

嵯峨野 収穫の盛り

昨日に続いて嵯峨野の景色です。
今嵯峨野では稲刈り作業が真っ盛りです、優しくてひなびた口嵯峨野の稲がみるみる刈り取られて行き田圃が市松模様のようになっています。
 まず広沢の池で一息入れて体勢を整えました、奥に進むと稲刈りの真っ最中でした、畦には彼岸花が盛りを迎えています、刈り入れが済んだ田圃には稲藁が束にされて干されていました。
 最近の稲刈り機による刈り入れでは米粒をすきとった後の稲藁は細かく刻まれて田圃に撒き戻されますので藁束を見ることはありません、この辺りは特別に昔ながらの嵯峨野の田園風景を残すためにわざわざ昔の稲刈り方式を残し稲藁を干しているのだと思います。
 彼岸花とのコントラストが素晴らしく心の和むひと時を過ごしました。
おススメの景色ですが今週だけの期間限定の眺めです。
e0048413_2051151.jpg
e0048413_20512781.jpg
e0048413_20513920.jpg
e0048413_20514910.jpg
e0048413_2052057.jpg
e0048413_20521158.jpg
e0048413_20522494.jpg
e0048413_20523582.jpg

by kamogawa35 | 2012-09-26 20:55 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

嵯峨野 彼岸花とカカシ

嵯峨野の入り口にある広沢の池から進むとおおらかで和やかな一昔前の田園風景が広がっています。
四季毎に変化があって楽しめますが今は彼岸花と重く垂れた稲穂の田圃のコントラストが見事です、また近くには刈り入れ前の田圃を見張る案山子が整列しています、ユーモアたっぷりです、楽しめます。
e0048413_23301596.jpg
e0048413_23303557.jpg
e0048413_23311355.jpg
e0048413_23312439.jpg
e0048413_23313727.jpg
e0048413_23314666.jpg

by kamogawa35 | 2012-09-25 23:32 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

二軒茶屋 中村楼

東山の八坂神社の南門前にある「二軒茶屋 中村楼」に行く機会がありました。
江戸時代から祇園社への参拝者の休み茶屋として繁盛した二軒の茶店の内中村楼だけが残り京料理の店として今も繁盛しています。
内部には明治維新から明治時代にここに逗留した志士や文人画家などの書画が多く残され平常公開されない奥の部屋に展示されています。
奥深い歴史を感じる料亭で料理も一級品です
e0048413_2335961.jpg
e0048413_2341318.jpg
e0048413_2342878.jpg
e0048413_2344256.jpg
e0048413_2354346.jpg
e0048413_236379.jpg
e0048413_2361739.jpg

by kamogawa35 | 2012-09-25 23:07 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

梨の木神社 萩まつり

京都御苑の東側にある梨の木神社は「萩の宮」として知られています。
 9月22・23日に萩まつりが行われ多くの参拝者がありました、私は萩まつり神事が行われた23日の行事を見に行きました。
祭典のあと池坊流による献花式が厳かに行われました、続いて茂山社中による大蔵流狂言や雅楽・日舞などが華やかに行われました。
 参道の萩には短冊に詠まれた短歌がつりさげられて境内は雅な雰囲気に満ちていて、参観者はとても楽しそうに短冊を見ていました、但し肝心の萩はまだ三分咲き、今年は月末頃が満開のようです。
e0048413_21201488.jpg
e0048413_21203133.jpg
e0048413_21204475.jpg
e0048413_21205773.jpg
e0048413_21211275.jpg
e0048413_21212690.jpg
e0048413_212137100.jpg
e0048413_2121483.jpg

by kamogawa35 | 2012-09-24 21:22 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

真如堂 彼岸花

昨夜からの雨が午前中で上がりました、すごく涼しくなりました、昔から「暑さ寒さも彼岸まで」とことわざで言われていますがその言葉通り季節が進んでいます。
 真如堂でヒガン花を見て、お彼岸を感じようと訪ねました、今年から境内に彼岸花を沢山植えたとのことで期待していましたが既に盛りを過ぎていて残念でした、少しだけ残っていたものを写して彼岸の気分を味わいました。
 寺守の方に聞いて見たら、彼岸花は球根を400個ほどあちこちに植えたそうです、でも九州から仕入れたので球根が花時を間違えて九州の開花時期で咲いてしまったと笑っていました、数年したら花時を京都に合わすだろうとのことでした、おもしろい!
e0048413_1952943.jpg
e0048413_19522289.jpg
e0048413_19523223.jpg
e0048413_19524257.jpg
e0048413_19525552.jpg
e0048413_1953545.jpg

by kamogawa35 | 2012-09-23 19:55 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

菜園にも秋が

朝晩はすごく涼しくなりました。台風が通り過ぎて私の菜園にも急に秋が来ました。
菜園の隅で育っているキクイモの花が盛りです、花が終わると収穫です、しょうがのような形のイモがたくさんとれます。
雑草のチカラシバ③も穂をだしています。
ススキの穂も黄金色になって来ました、種をばらまいておいた花も今を盛りと咲いています。
しばらく秋の花が楽しめます。
e0048413_20542146.jpg
e0048413_20543393.jpg
e0048413_20544838.jpg
e0048413_20552653.jpg
e0048413_2055519.jpg

by kamogawa35 | 2012-09-22 20:58 | 京都の四季 洛北 | Comments(2)