キツネのカミソリ

8月も今日で最後、暦の上では秋、朝晩涼しくなるはずなのに今年は猛烈な残暑、今日も35度の真夏日です。畑作業は汗まみれになりました。
 少し離れた里山の麓を見ると秋の到来を知らせる彼岸花科の「キツネのカミソリ」が咲いていました。
暑い暑い!と言っていますがやはり季節は秋に向かって進んでいる・・・・と実感しました。
e0048413_15521447.jpg
e0048413_15522886.jpg
e0048413_15524116.jpg

by kamogawa35 | 2012-08-31 15:53 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

大原を歩いて

残暑の厳しい京都市内を避けて洛北大原に行ってみました、残念ながら残暑の厳しさは同じで汗まみれになりました。
大原川沿いの桜井の径を少しありた後、京都特産のシバ漬けに使う紅シソと稲穂のコントラストが魅力の人気コーナーで写真に熱中しました。
 シソはピーク後半でしたが稲穂が黄金色になりかけたところで見事なコントラストでした。
e0048413_19424230.jpg
e0048413_19425465.jpg
e0048413_1943630.jpg
e0048413_19431958.jpg

by kamogawa35 | 2012-08-29 19:44 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

夏の鷹ヶ峰道

京都市内から鷹ヶ峰の光悦寺や源光庵に向かって登る昔からの道が鷹ヶ峰街道です、昔の風情は殆ど無くなりましたが今も手作りを守っている松野醤油店や、織物屋さんで正絹のバンダナが売ってあったり、湯葉屋さんや手打ちそばなど風情のあるお店かパラパラとあるのでのんびり散策すれば面白い坂道です、氷室から杉坂・中川・小野郷へ抜ける街道らしい歴史を感じる屋並みも見る事が出来ます。
 坂道を歩いていてふと横道を見ると若い女性たちの明るい声が!近ずくとキッズファームの表札のある菜園でした、皆さん保母さんで安全な野菜や花を作って園児たちと一緒に楽しみながら自然と触れ合う大切さを教えているとのことでした、とても気持ちの良い鷹ヶ峰保育園の保母さんたちでした。
残暑の厳しい午後でしたがウレシイ元気をもらいました。
e0048413_20531620.jpg
e0048413_20532885.jpg
e0048413_20533992.jpg
e0048413_20535329.jpg
e0048413_2054562.jpg
e0048413_20541564.jpg
e0048413_20544021.jpg
e0048413_20545023.jpg
e0048413_2055114.jpg

by kamogawa35 | 2012-08-27 21:03 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

琵琶湖バレーで避暑

今日も朝からどんどん気温が上がって厳しい残暑になりました。
暑さから逃れようと滋賀県の比良連峰蓬莱山の琵琶湖バレーに行きました、苦しい山登りでなくロープウエイとリフトを乗り継いで頂上(1174M)まで登りました、地上は30度を超えているのに山は20度ほどで寒い位の涼しさでこの夏サイコーの避暑でした。山には色々遊び施設があって楽しめます、なぜか単純なコマ回し場が大人気で家族連れが絶えません。
 天気も快晴頂上から琵琶湖を眺めてヤッホーです、比良連峰最高峰の武奈ヶ岳(1214M)もくっきり見えました。
ズルをしてロープウエイ終点の内見山駅から蓬莱頂上まで、上り下りともリフトを使いました、お陰でらくらく登山で全然疲れませんでした。
e0048413_19365734.jpg
e0048413_19581771.jpg
e0048413_19583596.jpg
e0048413_19585820.jpg
e0048413_19591337.jpg
e0048413_19592640.jpg
e0048413_1959415.jpg
e0048413_1959527.jpg

by kamogawa35 | 2012-08-26 20:08 | 滋賀県 | Comments(0)

夏の鷹ヶ峰2 常照寺

先日の源光庵のあと島原の名妓 吉野太夫の墓のある常照寺にも行ってみました、楓が魅力の奥の庭園まで入ったのですが真夏の森のような雰囲気で写真にはなりません。
 吉野太夫の墓と入口の帯塚を写して退散、写真にはなりませんでしたが一応全域を巡りました、汗まみれになりました。
e0048413_20144778.jpg
e0048413_20145923.jpg
e0048413_2015977.jpg
e0048413_20152010.jpg

by kamogawa35 | 2012-08-25 20:17 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

愛宕道 灯籠ともし

念仏寺の千灯供養とリンクして傍の愛宕道で火灯しが行われています。これは地域の方たちが愛宕道を活性化しようと始めた手作りの企画で色々の面白い提灯が魅力です。
 千灯供養参拝の前後に皆さんは、愛宕道が柔らかな灯火で彩られた夏の夜を楽しんでいます、土産店にも多くの観光客が訪ねていて心が華やぐ愛宕道散策でした。
e0048413_22592841.jpg
e0048413_22594460.jpg
e0048413_23019.jpg
e0048413_230205.jpg
e0048413_2304742.jpg
e0048413_231533.jpg

by kamogawa35 | 2012-08-24 23:01 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(2)

地蔵盆を迎えた今日と明日、嵯峨野の奥、化野(あだしの)の念仏寺で千灯供養が行われています。
夕立の合間をぬってお参りしました。
 この辺りは平安時代から鎌倉時代にかけて風葬の地になっていて化野(あだし野)と呼ばれていました、死者を供養するために多くの石仏が供えられましたが殆どが地中に埋めれていたようです、明治時代になって一帯に埋没散乱していたものを地域の人達が、この念仏寺に集め供養したのが千灯供養の始まりです。
集められた石仏は数千体あり、灯明に照らされると幽玄さに身が引き締まります。
夏の夜の観光ポイントとして有名になっていますが、静かに手を合わせお参りされている人も多く居られました。  私もロウソクを求め灯明を供えました、⑦が私の灯明です。
e0048413_23122528.jpg
e0048413_23123747.jpg
e0048413_23124945.jpg
e0048413_2313183.jpg
e0048413_23131312.jpg
e0048413_23132645.jpg
e0048413_23133739.jpg
e0048413_23134886.jpg
e0048413_2314134.jpg
e0048413_23141322.jpg
e0048413_23142595.jpg

by kamogawa35 | 2012-08-23 23:16 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

夏の鷹ヶ峰 源光庵

今日も猛烈な残暑でした、市内の高台にあるので少しは涼しいかと思い北区の鷹ヶ峯地区を歩きました、暑さは変わりませんでした。
 秋には紅葉狩で賑わう「源光庵」へ、入り口山門に参禅会の案内があります。
聞いて見たところ、毎月第一日曜の7時から参禅会があり誰でも自由に参加でき、約2時間のコースで座禅や法話などが聞けるそうです。一度参加しようかと考えています。
 今日私が訪ねた時は一組の拝観者がいただけでとても静かで、有名な本堂の悟りの丸窓と迷いの角窓の前に座りひと時を過ごしました。
 悟にいたるのはとても無理ですが座っていると気持ちが静まります、参拝者の少ない夏のこの時期だから味わえる贅沢な時間でした。
e0048413_1930103.jpg
e0048413_19302182.jpg
e0048413_19303481.jpg
e0048413_19304730.jpg
e0048413_19305773.jpg
e0048413_1931754.jpg
e0048413_1931185.jpg
e0048413_19313310.jpg

by kamogawa35 | 2012-08-22 19:38 | 京都の四季 洛北 | Comments(2)

岩倉の棚田

私が菜園をしている岩倉の村松辺りには小規模ですが棚田が広がっています、夏に入ってぐんぐん育った稲には早くも稲穂が出て実り始めています、この調子なら豊作間違いなしです。
 棚田を写していたら前方に若い女性が二人、田圃で作業をしています、近寄ってみたら5月28日にアップしたヤングママさん達のグループの方で、安心安全なお米を目指した稲が順調に育って今が最終段階、イモチ病など病気にかからないよう稲に予防の薬を撒いているとのことでした。
 殆ど手ずくりで米作りに挑戦されていますがこの調子なら無事にお米が実りそうです。素人さんばかりですがすごいチャレンジです。
e0048413_20164983.jpg
e0048413_2017314.jpg
e0048413_20171329.jpg
e0048413_20172589.jpg
e0048413_20173530.jpg
e0048413_20174757.jpg

by kamogawa35 | 2012-08-20 20:19 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

岩倉実相院 残暑 

左京区岩倉にある天台宗の実相院を訪ねました、門跡寺院として皇室との関係も深く格調の高い寺院ですが幕末には岩倉具視などがこの寺などを舞台に維新の謀議を重ねた事が知られています。
 実相院の人気は紅葉時期の美しさと 新緑のみどりです、特に書院の床に映る紅葉や新緑は何とも言えない静かな美しさです、狭い寺院が参観者でいっぱいになります。
 今日は残暑の真っただ中、拝観者もぱらぱらでのんびりと拝観しました、書院前の白砂の庭ではお寺の奥さんと庭園の管理の話を、メインの山水庭園では朱色の毛氈に座って誰にも気を使わずゆったりと眺めていました。深緑も過ぎて紅葉はまだまだ先 何もない庭園でしたが癒されました。
e0048413_20342793.jpg
e0048413_20343840.jpg
e0048413_20344960.jpg
e0048413_2035196.jpg
e0048413_20351990.jpg
e0048413_20353145.jpg
e0048413_20354353.jpg
e0048413_20355529.jpg

by kamogawa35 | 2012-08-19 20:37 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)