<   2011年 12月 ( 53 )   > この月の画像一覧

護王神社 迎春準備

烏丸通りを挟んで京都御所の西側にある「護王神社」は京都御所の守護をしますが別に足腰のお守りの神社として多くの参拝者を集めています。
 その昔「和気清麻呂」が都から九州の宇佐八幡宮に旅する際、足の萎えに悩まされていたところ、どこからともなく数百頭のイノシシが現れ清麻呂を守り、宇佐神宮まで送り届けたそうです、同時に足の衰えも快癒したとの故事により護王神社では和気清麻呂が祭神になっていてイノシシが狛犬の代わりにコマイノシシになって飾られています。
 私はイノシシ年生まれなのでこの神社には親近感を持っていてよく訪ねます、またジョギングがずっと続けられるよう足腰祈願をします。
 神社では明日の元日に向かって万全の準備が整っていてパラパラと参拝に見える人達が大きな龍の絵馬を前に手を合わしていました。
e0048413_18351666.jpg
e0048413_18353061.jpg
e0048413_1835408.jpg
e0048413_18355158.jpg
e0048413_1836271.jpg

by kamogawa35 | 2011-12-31 18:36 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

京都錦市場

京都市民の台所と江戸時代から言われ続けてきた錦市場は京都市の中心の寺町から高倉までの狭い錦小路にびっしりと店が並んでいます。
平常も市民だけでなく料理店なども仕入れに来ていてレベルの高い商品が並んでいて活気があります、年末は正月用の食品の買い物客が押し寄せます、今日の午前中に私も買い物に行きましたが早くも通路に人があふれ店員の掛け声と買い物客の掛け合いが飛び交い年の瀬の活気にあふれていました。
今日でもこれだけ混んでいるのですから明日あさって大晦日までもっと盛り上がると思います。
市場西の高倉から東の寺町まで歩いて最後は錦天満宮にお参りして買い物終了です。
e0048413_17355719.jpg
e0048413_17361571.jpg
e0048413_17362844.jpg
e0048413_17364620.jpg
e0048413_1737074.jpg
e0048413_17371358.jpg
e0048413_17374368.jpg
e0048413_1738444.jpg
e0048413_17382146.jpg
e0048413_17383454.jpg

by kamogawa35 | 2011-12-29 17:41 | 京都の四季 洛中 | Comments(2)

北野天満宮 準備完了

先日しまい天神の縁日を済ましたばかりの北野天満宮では今日、迎春準備が神職達で行われました。
私が訪ねた時間には鳥居や山門などにしめ縄や大絵馬が掲げられ新年準備完了で正月体勢でした。
 今日あたりは一番参拝者が少なくなる時期ですがさすが学問の神様、進学や入試を控えているらしい親子連れや若者のグループが大勢来ていて熱心に参拝しています。
さすが菅原道真を祀る学問の神社だけあると感心しました。
e0048413_221044.jpg
e0048413_2211160.jpg
e0048413_2212077.jpg
e0048413_2213162.jpg
e0048413_2214246.jpg
e0048413_2215796.jpg
e0048413_2222236.jpg
e0048413_2223344.jpg

by kamogawa35 | 2011-12-28 22:06 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

顔見世興行 楽日

京都の師走名物の一つ「吉例顔見世興行」が南座で千秋楽を迎えました、11月30日から今日26日まで東西の歌舞伎役者が出演して豪華な舞台を繰り広げていましたが今日で楽日、明日から街中は正月を迎える準備の本番に入ります。
 心配なのは天候です、市内でも朝晩には雪がちらつき、冷たい風が身にしみます、日本中が寒気に覆われています、皆様どうぞ風邪などひかれぬようご注意ください。
e0048413_2111236.jpg
e0048413_21113958.jpg
e0048413_21115413.jpg
e0048413_2112510.jpg
e0048413_2112153.jpg

by kamogawa35 | 2011-12-26 21:14 | 京都の四季 洛中 | Comments(2)

高校駅伝

師走の風物詩となっている全国高校駅伝大会が今日行われました。午前の女子の駅伝を応援に行きました。たすきをつないで都大路を駆け抜ける選手達の力走に感激!元気をもらいました。
 結果は御存じのとおりで男女とも留学生の加わっているチームが圧倒的な強さで優勝しました。勝負としての面白さには少し欠けましたが順位に関係なく必死に走る選手たちには沿道の観客から暖かい声援が飛んでいました、私も声をからして応援しました。
e0048413_23451139.jpg
e0048413_2345239.jpg
e0048413_23453575.jpg
e0048413_23454870.jpg
e0048413_2346662.jpg
e0048413_23462310.jpg
e0048413_23463453.jpg
e0048413_23464566.jpg
e0048413_23465675.jpg
e0048413_23471153.jpg

by kamogawa35 | 2011-12-25 23:49 | 京都の四季 洛中 | Comments(2)

終い天神 北野天満宮

菅原道真を祀る北野天満宮では道真の命日に当たる毎月25日に縁日が立ちます、今日は一年の最終の縁日[終い天神」でした。
風もあって猛烈に寒い一日でしたが天神さんには朝から大勢の人が訪れ,参拝のあとは正月用品や食べ物など楽しそうに選んでいました。
冬休みに入っていて学問の神様でもある天満宮には親子連れで参拝する人たちが大勢いました。
e0048413_2236854.jpg
e0048413_22362240.jpg
e0048413_2236357.jpg
e0048413_22364989.jpg
e0048413_223707.jpg
e0048413_22371227.jpg
e0048413_22372745.jpg
e0048413_22374238.jpg
e0048413_22375367.jpg

 
by kamogawa35 | 2011-12-25 22:42 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

矢田寺のかぼちゃ供養

年末になるとだいこ炊きやかぼちゃ供養があちこちで行われますが、市内中心の寺町三条にある「矢田寺」で恒例のかぼちゃ供養がありました。
ここは例年12月23日に行われます、昨日も市外からの参加も含めて大変盛り上がりました、先着1000名分が無料で供されるとのことで午前10時の開始前から大勢の人が並びました③④、住職の読経のあと参加者はかぼちゃの飾ってある仏前⑤で健康や無事を祈願し,志納金(100円程度)を納めて暖かいカボチャをいただきます。
丁度大阪からおいでになっていた元気はつらつの暦女のお二人さんにお願いしてかぼちゃ風景⑧⑨を写させていただきました。
私も朝一でカボチャをいただいたので来年の健康は大丈夫?でしょう・・・・
e0048413_12352327.jpg
e0048413_1236146.jpg
e0048413_12361360.jpg
e0048413_12362984.jpg
e0048413_12364047.jpg
e0048413_12365269.jpg
e0048413_1237393.jpg

e0048413_12484350.jpg
e0048413_12485532.jpg

by kamogawa35 | 2011-12-24 12:44 | 京都の四季 洛中 | Comments(1)

東山の新熊野神社で神木のクスノキの大木の大しめ縄を新年に向かって掛け替える「つなかけ祭」がありました。
古来から山や滝・大岩・大木などには神が宿っていると信じられてきました、熊野大社は那智の滝が神体です、同様にここは後白河上皇が手植えしたと伝わるクスノキが神体となっています、神社では街中でこれだけの大木が境内にあるのは貴重なことで、神の力を浴びることのできるパワースポットだと言っていました。
 大しめ縄は神殿でお祓いをすませ、氏子たちに担がれて②③神木の大樟の木にかけられました④。
神主の祝詞奏上の後、氏子たちも榊をささげ、神木の大樟の木に触れたり抱きついたりしてパワーをもらいます⑥⑦、参拝後はお神酒とだいこ炊きが参拝者にふるまわれ、更に正月用の稲穂のしめ飾りがお土産にいただけました⑨。至れり尽くせりで驚きでした。
京都では師走の行事があちこちで行われていますが新熊野神社の綱懸け祭りはとてもユニークで楽しい祭です、氏子や参拝者への神主さんの心のこもった対応が伝わってきて、とても気持ちの良いお祭りでした。
e0048413_20555494.jpg
e0048413_205675.jpg
e0048413_20562016.jpg
e0048413_20563370.jpg
e0048413_20564546.jpg
e0048413_20565586.jpg
e0048413_2057517.jpg
e0048413_20571765.jpg
e0048413_20573198.jpg

by kamogawa35 | 2011-12-23 21:00 | 京都の四季 洛東 | Comments(2)

かぼちゃ供養

冬至の日にちなんだ行事をもう一つ、北区衣笠の左大文字の麓に真言宗の寺院「不思議不動院」があります、昭和二十年頃開かれた小さな寺院で弘法大師を祀り、人々の苦難を救済する不思議な力が与えられると言われています。
 今日は冬至の行事として本堂で護摩が焚かれ本堂前ではかぼちゃが参拝者に供されました。
参拝者は500円を納め護摩木に名前を書いてから熱々のカボチャをいただきます、しっかり炊きこんであってなかなか良い味付けでした。。
山麓の不便なところにあるため参拝者はそれほど多くなくてひなびた感じの供養で皆さんのんびりとかぼちゃをいただいていました。
e0048413_22514515.jpg
e0048413_22515958.jpg
e0048413_22521973.jpg
e0048413_22524180.jpg
e0048413_22525541.jpg
e0048413_2253971.jpg
e0048413_22532427.jpg

by kamogawa35 | 2011-12-22 22:59 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(3)

今日は冬至

今日は冬至の日です、冬の本番を示す二十四節気の言葉です、一年で夜が一番長い日に当たり明日からは少しづつ夜が短くなります。
 昔からこの日に柚子風呂に入り柚子の香りを感じながら体を温め健康を願う習慣があります。
仕事でお世話になっている会社のMさんの実家が、右京区水尾の「ゆずの里」で柚子栽培をされていています。丁度収穫期で最高級の柚子をいただきました。
今夜は柚子風呂を満喫します。
勿論料理にも柚子を使って香りいっぱいの食事にしたいと楽しみにしています。
e0048413_18444677.jpg
e0048413_18451133.jpg

by kamogawa35 | 2011-12-22 18:52 | 京都の四季 洛中 | Comments(2)