<   2011年 11月 ( 57 )   > この月の画像一覧

安楽寺 紅葉公開

左京区鹿ケ谷の「安楽寺」は法然上人ゆかりの寺院として知られています。平常は拝観謝絶です、秋と春の十日間程だけ拝観可能になります。
 哲学の道歩きの間に訪ねました①、楓の数は多くありませんが落ちついた境内の雰囲気を少し華やがせる程度の楓が紅く染まっていました。
しっとりとした静かな寺院で隣の法然院と哲学の道をセットに歩くのがおすすめです。
e0048413_235556.jpg
e0048413_235166.jpg
e0048413_2352713.jpg
e0048413_235412.jpg
e0048413_2355686.jpg
e0048413_2369100.jpg
e0048413_2362395.jpg

by kamogawa35 | 2011-11-30 23:08 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

東山エリアの紅葉探訪に行きました。
八坂神社①をスタートして円山公園②~④を登って奥の坂本竜馬像⑤に面会、最奥の長楽寺⑦⑧まで歩きました。
ほんの数日前までまだ青かった楓があちこちで紅く染まりはじめ一帯は紅葉を求める観光客であふれていました。
e0048413_22212296.jpg
e0048413_22213870.jpg
e0048413_22214930.jpg
e0048413_22215983.jpg
e0048413_22221086.jpg
e0048413_22222448.jpg
e0048413_22223544.jpg
e0048413_22225094.jpg

by kamogawa35 | 2011-11-30 22:24 | 京都の四季 洛東 | Comments(1)

すっかり秋の色に染まった(かやぶきの里)を訪ねました。
 美山町のかやぶきの里は関西地区では最大40棟ほどのかやぶき民家が保存されています。実際に住民が住んでいるので(生きているかやぶき集落)です。
京都府の奥地の交通不便な場所ですが年々人気が出てきて来訪者が増えています、日本中でとっくに無くなってしまった農村が残っている事で郷愁を感じる人が多いようです。
私はたびたび来ていますが晩秋のかやぶき集落は初めてでした、じっくり時間をかけて集落巡りを楽しみました。京都府随一の豪雪地帯なので年が明けたら雪のかやぶき集落を写したいものです。
e0048413_18474763.jpg
e0048413_1848056.jpg
e0048413_18481462.jpg
e0048413_18482686.jpg
e0048413_18483743.jpg
e0048413_18484843.jpg
e0048413_18485846.jpg
e0048413_1849824.jpg

by kamogawa35 | 2011-11-30 18:51 | 京都北部・北山 | Comments(0)

北山晩秋 佐々里

晩秋の北山をドライブしました、先にアップした花背の峰定寺から佐々里峠③を越えて①②④佐々里の里⑤~⑦に入りました、北山一帯は晩秋の気配一色で山は七色に染まっていて感激しました。佐々里の集落は秋の収穫も済んで人気が無く晩秋の寂しさを一層感じました。
e0048413_18124211.jpg
e0048413_18125770.jpg
e0048413_181374.jpg
e0048413_18131839.jpg
e0048413_18132948.jpg
e0048413_18134080.jpg
e0048413_18135212.jpg
e0048413_1814283.jpg
e0048413_18141685.jpg

by kamogawa35 | 2011-11-30 18:16 | 京都北部・北山 | Comments(0)

南禅院紅葉

南禅寺別院の南禅院は亀山天皇の離宮禅林寺宮殿のあとで、応仁の乱で焼失したものを桂昌院が再興しました、庭園は史跡名勝に指定されていて夢想国師の作庭による池泉回遊式庭園です。
 紅葉盛りの庭を拝観しました、大書院前は大勢の人で満員でした⑧、皆さん美しい紅葉に見惚れて動きません、これだけ見事な景色を見ると感激もひとしおだと埼玉から来た女性が声を高ぶらせて言っていました。
e0048413_22175195.jpg
e0048413_2218337.jpg
e0048413_22181594.jpg
e0048413_22182723.jpg
e0048413_22183857.jpg
e0048413_22185187.jpg
e0048413_2219485.jpg
e0048413_22191620.jpg

by kamogawa35 | 2011-11-29 22:22 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

大悲山 峰定寺

京都北山の花背の山奥にある「大悲山 峰定寺」は修験宗の本山寺院で900年近い歴史のある古刹です。
花背の集落の秋景色①を楽しみながら能見口から寺院へ、うっそうとした森に囲まれた中に建つ姿は孤高の 寺院の雰囲気に満ちています。
 辺りは晩秋の気配に囲まれ紅葉も盛りの終盤でした、ここは拝観する際に撮影できません、参道から山門⑤までの景色だけを写しました。
紅葉に囲まれた参道の行き③と戻り⑦の景色は京都でもベスト5に入るくらいの素晴らしさです。
e0048413_21144271.jpg
e0048413_2114543.jpg
e0048413_211548.jpg
e0048413_21151580.jpg
e0048413_21152621.jpg
e0048413_21153850.jpg
e0048413_21154932.jpg
e0048413_2116082.jpg

by kamogawa35 | 2011-11-29 21:21 | 京都北部・北山 | Comments(0)

美山町 大野ダム 紅葉

写真ルポライターのI さんと北山・美山エリアの紅葉と晩秋の景色を探訪に行きました。
美山の芦生を源流とする由良川上流の大野ダムの周りは桜と紅葉の名所となっています、丁度紅葉の盛りでダム湖周りの景色には感激しました、特に湖面に写り込む風景の見事さには言葉がありませんでした。
 市内から近いと人が押し寄せる景色ですが不便な山里のため僅かな人しか来ていません、独占気分でした。
e0048413_2033383.jpg
e0048413_20335045.jpg
e0048413_2034239.jpg
e0048413_20341471.jpg
e0048413_20342553.jpg

by kamogawa35 | 2011-11-29 20:35 | 京都北部・北山 | Comments(2)

光悦寺 紅葉盛り

江戸時代の芸術家本阿弥光悦は鷹ヶ峰に工房を開き優秀な職人や芸術家を招き芸術家村を作りました。その光悦を祀っているのが光悦寺で鷹ヶ峰にあります。
 境内には多くの茶室⑥があり茶会が盛んに催されています、また茶室を囲むように魅力的な光悦垣⑤がめぐらされていて楓とのバランスが見事です。
ここの楓は例年早くから紅葉することで知られていますが今年は1週間遅れで盛りを迎えました、先週末行った時には入園者が多く魅力の入り口が写せませんでした、今朝開門を待って写しました①~③。
e0048413_2351772.jpg
e0048413_235308.jpg
e0048413_2354533.jpg
e0048413_2355667.jpg
e0048413_236962.jpg
e0048413_236271.jpg
e0048413_2364781.jpg
e0048413_237278.jpg
e0048413_2371831.jpg

by kamogawa35 | 2011-11-28 23:08 | 京都の四季 洛北 | Comments(2)

上賀茂神社 紅葉盛り

世界遺産の上賀茂神社で紅葉が盛りを迎えました。
今年はやや遅れたので、今週からピークに入り12月10日頃まで楽しめそうです。
ここの紅葉は神域の広さに丁度釣り合う程度の木の数で程良い紅葉風景が楽しめます、京都の超有名寺社の紅葉山盛りと違った品の良さがあります、私の好きな紅葉ポイントの一つです
e0048413_2217921.jpg
e0048413_22172279.jpg
e0048413_2217334.jpg
e0048413_22174624.jpg
e0048413_2218280.jpg
e0048413_22181786.jpg
e0048413_22183113.jpg
e0048413_22184536.jpg
e0048413_22185954.jpg
e0048413_22194386.jpg

by kamogawa35 | 2011-11-28 22:22 | 京都の四季 洛北 | Comments(2)

松ヶ崎大黒天

市内左京区の松ヶ崎にある「松ヶ崎大黒天」は祀られている大黒天が幸福を招くと信じらています。
都七福神の一つで多くの参拝者があります。
また隠れた紅葉の名所として地元では人気があります、私が行った時は丁度紅葉の盛りに入ったところでした、12月上旬まで楽しめそうです。
e0048413_21212897.jpg
e0048413_21214180.jpg
e0048413_21215595.jpg
e0048413_2122581.jpg
e0048413_21221792.jpg
e0048413_2122303.jpg
e0048413_21224876.jpg

by kamogawa35 | 2011-11-28 21:24 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)