<   2010年 12月 ( 42 )   > この月の画像一覧

今年の大みそかは今まで記憶にないほどの大雪になり今も降り続いています、明け方からの雪は一日中降り全市雪景色になりました。
今日は八坂神社のおけら参りも除夜の鐘つきも見送りです、夕刻から気温が下がり路上は凍結状態で出歩くのが危険になりました。
今年は紅白歌合戦で「トイレの神様」を聞いて酒盛りです。
朝7時過ぎの上賀茂神社(2~5)と摂社で私の地区の氏神さんの久我神社(6)の雪模様
e0048413_1884168.jpg
e0048413_18858100.jpg
e0048413_1891146.jpg
e0048413_1892361.jpg
e0048413_1893455.jpg
e0048413_1894777.jpg
です。
by kamogawa35 | 2010-12-31 18:10 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

奈良を歩く3 新薬師寺

目的の写真展は山の辺の道の入り口にある入江泰吉写真美術館でした、その先が見たいと思っていた仏像のある「新薬師寺」です、国宝の薬師如来と十二神将はやっぱり凄い魅力でした、写真に撮れないのが残念です。仏像を納めている本堂も国宝で奈良朝の入母屋建築の代表的なものでがっしりとした平屋造りは重厚で安定感のある魅力的な建物です。仏像と再会してやすらぎました。
②③④本堂 ⑤十二神将のバサラ大将(複写) ⑦写真美術館
e0048413_11173548.jpg
e0048413_11181975.jpg
e0048413_11183121.jpg
e0048413_11184444.jpg
e0048413_1119050.jpg
e0048413_11191086.jpg
e0048413_11192597.jpg

by kamogawa35 | 2010-12-29 11:20 | 日本のあちこち | Comments(2)

奈良市内中院町にある「元興寺」は奈良の寺院の中でも最も古い歴史がある寺院の一つで明日香の地から718年(養老2年)現在地に移って元興寺としての歴史が始まりました、奈良七大寺の一つで極楽堂や禅室・五重塔など多くの寺宝があり、南都浄土信仰の中心として栄え中世以降は庶民信仰の寺として大切にされてきたようです。世界遺産「古都奈良の文化財」の一つに指定されています。
 私は極楽堂(国宝)の伸びやかに均整のとれた平屋根の姿が好きで正面や斜めから見たりしてひと時を過ごしました。
その奥の禅室も国宝です、その横には仏塔や石仏を集め稲田のように並べた浮図田(ふとでん)があり壮観です。師走後半で観光客も少なくてゆっくりと愉しむことが出来て望外の収穫でした。
②極楽坊⑤禅室⑥浮図田
e0048413_1873419.jpg
e0048413_1874924.jpg
e0048413_188051.jpg
e0048413_1881146.jpg
e0048413_1882599.jpg
e0048413_1894998.jpg

by kamogawa35 | 2010-12-28 18:14 | 日本のあちこち | Comments(0)

奈良を歩く1 sanpo

先日奈良で友人が写真展を開いたので行きました、時間に余裕があったのと一人だったので奈良観光のメインの東大寺周辺や平城京跡は避けて「ならまち」あたりから元興寺・新薬師寺・志賀直哉旧居・春日野・猿沢の池南円堂のあたりを散策しました、観光客もあまり多くなくてゆったりと歩きながら京都と違った奈良の良さを満喫しました。グループで歩くのとまた違った楽しみがあります。
歩きと逆ですが最初は猿沢の池と南円堂です、夕暮れ前の興福寺の五重塔や南円堂は魅力倍増でした。
断続的にアップいたします。
e0048413_21452282.jpg
e0048413_21454625.jpg
e0048413_2145587.jpg
e0048413_2146119.jpg
e0048413_21462256.jpg

by kamogawa35 | 2010-12-27 21:48 | 日本のあちこち | Comments(0)

全国高校駅伝

今日は師走の都大路を走る「全国高校駅伝大会」がありました、午前の女子の部を近くの堀川北大路で応援しました。
カモシカのように鍛え抜かれた選手たちが全力で走る姿は言葉に出来ないほどの美しさでした、でも選手たちの激しい競争はすごい迫力で圧倒されました。
1は優勝した岡山興譲館、2以下はは各々の代表の全力疾走で、順位の事は関係なく大声で応援しました。
結果は御承知のとおりです。
e0048413_2058467.jpg
e0048413_20585892.jpg
e0048413_20591446.jpg
e0048413_20592844.jpg
e0048413_20594482.jpg
e0048413_20595966.jpg
e0048413_210264.jpg

by kamogawa35 | 2010-12-26 21:02 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

北野天満宮 しまい天神

毎月25日は菅原道真の日で北野天満宮では市が立ちます、今年の最終「しまい天神」が今日ありました。
今年で一番寒くなった今日ですが朝から多くの参拝者が来ています、皆さん正月の飾り物や花を買ったり古物を冷やかしたり屋台で食べ物を買ったり楽しそうでした、今日は外国人がすごく目立ち古物・骨董の露店で興味深かげに選んでいました、見ていると中東のバザールに来ているような雰囲気で露店市を楽しんでいるようでした。
夜の8時まで行われます、今日が今年の京都での市の最終です。
e0048413_16361028.jpg
e0048413_16363974.jpg
e0048413_16365329.jpg
e0048413_1637524.jpg
e0048413_1637166.jpg
e0048413_16372617.jpg
e0048413_16373679.jpg
e0048413_16394130.jpg

by kamogawa35 | 2010-12-25 16:40 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

京都駅のイヴ

昨夜京都駅に行く用件がありました、駅は通勤旅行客でごった返していましたが上の駅ビルでは例年通り人気のクリスマスツリーのイルミネーションがあり多くのカップルや家族連れが集まっています、サンタのおじさんも来ていて握手会や撮影会で大賑わいで盛り上がっていました。
ビルから横を見るとライトアップされた京都タワーが輝いてとてもきれいだったので外に出てもう一度写しました。
e0048413_13225523.jpg
e0048413_1323978.jpg
e0048413_13232191.jpg
e0048413_13233267.jpg
e0048413_13234361.jpg
e0048413_13235443.jpg
e0048413_1324625.jpg

by kamogawa35 | 2010-12-25 13:25 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

東山の新熊野神社(いまくまの神社)で年末恒例の綱懸け祭りが23日にあって行ってみました。
ここは熊野信仰が盛んだった平安時代後期に後白河上皇が紀州の熊野神社を都に勧請して「新(いま)熊野神社」と名付けました、大きな神社であったようです。
遠路紀州熊野まで行かなくて済むので大いに栄えましたが応仁の乱など度重なる戦火で廃れてしまい寛文十三年(1673)に今の姿に再建されましたが小さな神社になってしまいました。
ただ上皇が手植えしたと伝えられる大クスの木は残り家内安全・健康・安産に効があると信仰され大切にされています。
この日は神殿で新しく作った大注連縄をお祓いしたあと氏子たちが担いでクスノキまで運び皆さんで太い幹に懸けました、とても迫力がありました、よく聞いてみると氏子でなくても白衣を貸りて注連縄を担げるようです、来年は私もぜひ担ぎに参加しようと思いました。
e0048413_2175560.jpg
e0048413_218812.jpg
e0048413_2182864.jpg
e0048413_2183989.jpg
e0048413_2185259.jpg
e0048413_219533.jpg
e0048413_2191611.jpg

by kamogawa35 | 2010-12-24 21:11 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

かぼちゃ供養ー矢田寺

京都の中心部、寺町三条にある矢田寺で年末恒例の「かぼちゃ供養」がありました。
大きなカボチャが仏前に置かれていてそれに触れてから中風除けや健康を願います、そのあと先着順にほかほかのカボチャが無料で供されます。
10時スタートでしたが年々人気が上がり長い列が出来ていました、私も並んでいただきました、とても良い味で周りの人たちも美味しい!とニコニコ顔でした。
e0048413_18253163.jpg
e0048413_1825453.jpg
e0048413_18272346.jpg
e0048413_18273918.jpg
e0048413_18275329.jpg
e0048413_182858.jpg
e0048413_18282098.jpg
e0048413_18283274.jpg

by kamogawa35 | 2010-12-23 18:30 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

京都市の一番北側の大通は北山通りです、その松ヶ崎のあたりにはシャレた結婚式場が並んでいてウエディングストリートと言われています。
クリスマスを迎えるこの時期は各式場がこの時とばかりイルミネーションを競っています、勿論会場内も飾り付けてウエルカムしています、引き寄せられるようにカップルが腕を組んで続々と訪ねて来て仲良く会場を巡っています。
美しい飾り付けと夜の雰囲気にムードが盛り上がるのか「こんな場所で式をあげたいね・・・」と言うささやきを何度か耳にしました。式場側の作戦勝ちです。
e0048413_22343312.jpg
e0048413_22344585.jpg
e0048413_2234574.jpg
e0048413_2235876.jpg
e0048413_22351977.jpg
e0048413_22353049.jpg
e0048413_22354118.jpg

by kamogawa35 | 2010-12-22 22:37 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)