<   2010年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

洛北岩倉の秋

私が菜園に通う道沿い、岩倉の山里でも秋景色が目立ちだしています。
小さな寺院の柿も黄色く色付いています、山麓の楓も赤く染まって来ました、明日から11月いよいよ紅葉シーズンです、京都のあちこちをアップしてゆきます。
e0048413_1521357.jpg
e0048413_1521175.jpg
e0048413_15213141.jpg
e0048413_1521493.jpg

by kamogawa35 | 2010-10-31 15:26 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

東塔から西塔まで歩きました、車では5分と書いてありましたが・・・・私の足では歩くと半時間ほどかかりました。
あちこち見ながらで飽きませんでしたが足は疲れました、静かな山道を行くと長ーい下りの石段、降りたところに伝教大師最澄の廟所「浄土院」があります、廟所にふさわしい静謐のエリアです。そこを通って苔の美しい常行堂・法華堂のある「にない堂」を更に下るとやっと「西塔」に着きます。
ここにある「釈迦堂」の凛とした姿は思わず見る方が姿勢を改めます、引き締まった雰囲気が満ち満ちていました、足をのばして訪ねたことが報われました
皆さまも延暦寺に行かれたら東塔の根本中堂だけでなく横川中堂は無理としても西塔までは是非巡っていただきたいと思います。
建物は秀吉が三井寺から移したもので天台様式の代表とされていて山内では最古の建物だそうです。
e0048413_19281032.jpg
e0048413_19282524.jpg
e0048413_19284175.jpg
e0048413_19285882.jpg
e0048413_19291266.jpg
e0048413_19292634.jpg

by kamogawa35 | 2010-10-29 19:32 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

延暦寺の中心、根本中堂を拝観したあと東塔エリアを巡りました(1~4)、朱色の東塔と阿弥陀堂はいつ見ても素晴らしい、阿弥陀さん(4)にお目にかかってからしばらく時を過ごしました、重文の戒壇院(5)は歴史を感じさせる建物です、根本中堂の正面石段の上にある文殊楼(6~8)も重文で魅力一杯の楼門です、中に入って急階段を登って拝観しました、丁度坊さんがお経をあげているところでした、近くで聞く事が出来て幸運でした。
e0048413_14181446.jpg
e0048413_14183153.jpg
e0048413_14185043.jpg
e0048413_1419498.jpg
e0048413_14192079.jpg
e0048413_14193635.jpg
e0048413_14195937.jpg
e0048413_14201550.jpg

by kamogawa35 | 2010-10-28 14:22 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

延暦寺には東塔・西塔・横川中堂の三塔などに多くの堂塔がありますがその象徴は1200年間法灯が消えることなく灯り続けている「根本中堂」です。
延暦寺全体の総本堂に位置づけされていて国宝にも指定されています。
堂内に入り静かに座るととても落ち着いた気分になります、ここへは宗教や宗派を問わず人々が訪れています。私も堂内でしばしの時間を過ごしました。
観光に来られた方は堂の前まで来て時間の関係か堂内に入らず外から写真を写しただけでUターンされる方が多く見られますもったいない事だと思います。
e0048413_92995.jpg
e0048413_922559.jpg
e0048413_923730.jpg
e0048413_925030.jpg

by kamogawa35 | 2010-10-27 09:04 | 京都の四季 洛北 | Comments(2)

比叡山延暦寺 1.

比叡山のガーデンミュージアムに行ったあとは世界遺産の「延暦寺」の東塔と西塔のエリアをじっくりと巡りました。
延暦寺は1200年前に伝教大師最澄が都の東北鬼門を守ることと、日本仏教の確立を目指して比叡山に開いた寺で、その後新しい宗派をひらいた法然・栄西・親鸞・道元・日蓮なども比叡山で修業しています。
久しぶりの比叡山でしたがいつ行っても森の中の諸堂を巡っていると、心が洗われるような清らかな気分になれます。
山全体で間もなく紅葉が楽しめます。
東塔巡りの最初は僧侶の学問修業が行われる大講堂を横目に鐘楼に行って鐘をつきました、ゴーーンと長く響く音を聞いていると何とも言えない安らかな気持ちになりました。
e0048413_21185499.jpg
e0048413_2119785.jpg
e0048413_211922100.jpg
e0048413_21193546.jpg

by kamogawa35 | 2010-10-26 21:29 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

時代まつりに参加 4

終着の平安神宮では私たちの地域が受け持った「延歴文官参朝列」が祭行列全体の代表として本殿前に集合し文官の三位以下の代表が参上し、祭が無事に終了したことを報告する還行祭に参列しました。
この場には神鐉講社列や弓前組、白川女献花列などもいっしょに並びました、観客はだれもいませんでしたがとても厳かで華やかでした。
早朝からの長い一日でしたがめったに無いスタートの御所からゴールの平安神宮までの街中行列、殆どの人が知らない最終の還行祭の式典まで経験できてサイコーの一日になりました。
とても貴重な思い出が出来ました。
e0048413_19345267.jpg
e0048413_193510100.jpg
e0048413_193527100.jpg
e0048413_19354765.jpg
e0048413_1936538.jpg
e0048413_19361730.jpg
e0048413_1936345.jpg

by kamogawa35 | 2010-10-25 19:38 | 京都の四季 洛中 | Comments(3)

時代まつりに参加 3

行列は京都御苑を出発していよいよ街の中心部の行進です。
烏丸丸太町から南へー御池通りー三条大橋ーと過ぎて平安神宮に到着しました。
道中は両側に観客がぎっしりと続いていて掛け声や拍手などもいただくので全く息抜きが出来ず緊張して歩いていました。
平安神宮の大鳥居が見えた時はいよいよゴールだという思いともっと行進を続けたいと言う思いが交錯して複雑でした。私たち延歴時代列などの最終グループが到着したのは午後4時頃になりました。
ともあれ事故もなく巡行を全う出来てひと安心しました。
e0048413_17441361.jpg
e0048413_17443127.jpg
e0048413_17444694.jpg
e0048413_1744599.jpg
e0048413_1745125.jpg
e0048413_17452659.jpg
e0048413_17454551.jpg
e0048413_1746018.jpg

by kamogawa35 | 2010-10-24 17:52 | 京都の四季 洛中 | Comments(2)

時代まつりに参加 2

時代まつりの行列は出発の順番が来ると京都御所紫宸殿前に集結します、中央の建礼門前(2)で礼拝後いよいよ巡行開始です(3)。
行列は新しい時代の明治維新から遡り平安期の延歴時代・前掛けまで各時代の華麗な衣装の列が都大路に出てゆきます。(4~7)
e0048413_21252234.jpg
e0048413_21253756.jpg
e0048413_2125541.jpg
e0048413_212699.jpg
e0048413_2126267.jpg
e0048413_21264140.jpg
e0048413_21265615.jpg

by kamogawa35 | 2010-10-23 21:28 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

時代まつりに参加1

昨日時代祭りの速報をアップしました。
今日からは私たちの学区に24年ぶりに当番がめぐってきて参加した「延歴文官参朝列」を中心にスタートからゴールまでを何回かに分けてアップします。
私も早朝7時の着がえから京都御苑で出発し都大路を巡行、終着の平安神宮大極殿での還幸祭まで参列して一日中祭漬け、普通では経験できない大きな感動を味わう事が出来ました。1.祭り衣装の着付け 2.文官行列の高官たち 3.4.祭りも国際化と親善です 5.6他のグルーも集合しました 7.8私たちの延歴文官参朝列出発です
e0048413_2045193.jpg
e0048413_2051416.jpg
e0048413_2053120.jpg
e0048413_2054565.jpg
e0048413_206099.jpg
e0048413_2061281.jpg
e0048413_2062963.jpg
e0048413_2064566.jpg

by kamogawa35 | 2010-10-23 20:16 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

時代祭り 速報

今日22日は京都の三大祭りの最終、時代祭りがありました。
京都御苑から平安神宮までの都大路を約2時間かけて行進しました。
先頭の明治維新時代行列から私たちの学区が参加した最後尾の延歴文官参朝列まで時代毎の衣装にふんした行列が進むと観客から大きな声援や拍手が続いていました。
私も申し込んで行列に参加させてもらい日頃は歩くことのできない大通りの中央を平安時代の衣装で巡行出来て大満足でした。
詳しくは続報でアップします。1.スタートを目指して 2.堺町御門から街へ 3.京都の中心の御池通り 4.ゴールの平安神宮へ
e0048413_20435425.jpg
e0048413_2044720.jpg
e0048413_20442028.jpg
e0048413_20443735.jpg

by kamogawa35 | 2010-10-22 20:51 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)