<   2010年 04月 ( 54 )   > この月の画像一覧

鴨川の菜の花

鴨川と高野川の上流で海外から侵入して定着した菜の花が満開を迎えています、正式には西洋カラシナの一種だそうですが生命力の強さには驚きます川一面に黄色い花を咲かせています。
e0048413_21104040.jpg
e0048413_2111155.jpg
e0048413_21113219.jpg
e0048413_21123012.jpg

by kamogawa35 | 2010-04-30 21:15 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

京都御苑 山吹満開

京都御苑の東側の「清和院門」のあたりには多くの山吹が植えられていて今満開を迎えています、門や白壁とマッチして見ごたえのある景色です、また清和院門を入ってすぐの小道を右に進むと森の中に「染殿井」の跡があります、そあたりにも多くの山吹が咲いています、散歩の人が楽しそうに見ながら歩いて行きました。
e0048413_22183364.jpg
e0048413_22185332.jpg
e0048413_2219991.jpg
e0048413_22192525.jpg
e0048413_22194916.jpg
e0048413_2220657.jpg

by kamogawa35 | 2010-04-29 22:21 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

松尾大社 山吹満開

四条通りの西の終点桂川の畔にある松尾大社は京都を守る神として平安時代の頃から信仰を集めていたようです、古くから酒の神として知られ霊泉「亀の井」が知られています。
境内一帯に咲く山吹が見事で大変人気があります。丁度盛りを迎えていて多くの拝観者が訪ねています。
私もアマチュアカメラマンに混ざって小川沿いに咲く山吹を写しました。
e0048413_1102580.jpg
e0048413_1104213.jpg
e0048413_1105730.jpg
e0048413_1111349.jpg
e0048413_111293.jpg
e0048413_11147100.jpg

by kamogawa35 | 2010-04-29 11:03 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

龍安寺のシャクナゲ

枯山水の庭園で有名な龍安寺は四季毎に魅力的な花が咲くことでも知られています。
桜の後はすぐシャクナゲが咲きます、栽培種なので自然に山で咲くモノより早くて大ぶりな花です。
ご覧ください。
e0048413_2224956.jpg
e0048413_2232199.jpg
e0048413_2235312.jpg
e0048413_2241478.jpg

by kamogawa35 | 2010-04-28 22:06 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

上海6 博物館

旅行の最終は上海博物館です、石器時代からの貴重な文物が展示されていますが私たちは時間の関係で青銅器・陶磁器・書画などにポイントを絞って見学しました、特に紀元前の青銅器・唐三彩や景徳鎮の陶磁器には惹きつけられる物が多くあり時間が少なすぎました。
帰国は空港までの30キロを8分でつなぐ世界で唯一営業運転されているリニアモーターカーに乗りました、あっという間に到着します、驚きでした。
少ない日程でしたがダイナミックに変化する万博直前の上海で心の通じ合う仲間と、中華料理や紹興酒を楽しみながら観光する旅はサイコーに楽しいものでした。
ガイドさんもなかなかよくやってくれましたがグループの幹事長役を引き受けてくださったOさんには大感謝です。
e0048413_23211342.jpg
e0048413_23213024.jpg
e0048413_23214994.jpg
e0048413_232261.jpg
e0048413_23222461.jpg
e0048413_23225171.jpg
e0048413_2323812.jpg
e0048413_23232588.jpg

by kamogawa35 | 2010-04-27 23:25 | 異国の旅で | Comments(0)

蘇州4 網師園と北寺塔

蘇州の最後はこれも世界遺産の網師園(1-4)と高い塔で知られる北寺塔(5-7)です、南宋の時代に作られた網師園にも太湖石が多くありました、小庭園形式の傑作と言われているそうです、また北寺塔は布袋像の後ろの塔に登ることが出来るので人気があるそうです、私たちも息を切らしながら登って頂上から四方に広がる蘇州市の全景を眺めました。
国が大発展の途中だということがよくわかりました。
e0048413_2017047.jpg
e0048413_20173530.jpg
e0048413_20175595.jpg
e0048413_2018981.jpg
e0048413_20183059.jpg
e0048413_20184448.jpg
e0048413_2019454.jpg
た。
by kamogawa35 | 2010-04-25 20:21 | 異国の旅で | Comments(0)

蘇州3 留園

蘇州の4大名園の一つで世界遺産にもなっている「留園」に行きました、明の時代に作られた個人の庭園だったものです、ここにも団体がいっぱい来ていました。中国庭園の魅力になっている花窓や豪華な調度の応接間、仕切り門、太湖石などを観賞しました、特にここの太湖石は名品中の名品と言われているそうで立派なものでした、中国の観光客は皆さんここで記念撮影をしていました。
庭園の演奏も行われていて気分が休まりました。
e0048413_18274944.jpg
e0048413_1828641.jpg
e0048413_18282361.jpg
e0048413_1828392.jpg
e0048413_18285237.jpg
e0048413_1829457.jpg
e0048413_18292043.jpg

by kamogawa35 | 2010-04-25 18:30 | 異国の旅で | Comments(0)

蘇州2 山塘街

蘇州観光では予定に入っていない場所でしたが水の町の雰囲気が残る「山塘街」へガイドの劉さんが特別に案内してくれました、観光開発が進む水路と活気のある市民の市場を見学しました、観光船の通る水路も街の中、市場も日常生活の匂いが感じられる庶民的な店々で興味深く散策出来てとても楽しく劉さんに大感謝でした。
e0048413_19191125.jpg
e0048413_19195796.jpg
e0048413_19201418.jpg
e0048413_19203821.jpg
e0048413_19205833.jpg
e0048413_19212241.jpg
e0048413_19214284.jpg

by kamogawa35 | 2010-04-24 19:23 | 異国の旅で | Comments(0)

蘇州1 寒山寺

蘇州観光で中国の人たちに最も人気のある「寒山寺」に行きました。
唐代の隠遁僧の寒山と拾得が住んだ事から寒山寺と呼ばれるようになった寺院で西暦520年ころの創建された古刹です。本尊の釈迦像が大雄宝殿で黄金色に輝いていました、その後ろには寒山拾得像もありましたがこれもキンピカでした。
人気の鐘は5元で撞きました、また張継作の有名な「楓橋夜泊」の石碑もありました。
 この日もバスを連ねた中国人団体観光客が大勢来ていました、それぞれのバスガイドがマイクを持って大声で解説するので参ってしまいます。中国の人たちは大声で勝手に話をしているのであれくらい大きな音でガイドをするのかなと思いました。
e0048413_17175791.jpg
e0048413_17181075.jpg
e0048413_17182549.jpg
e0048413_1718477.jpg
e0048413_1719482.jpg

by kamogawa35 | 2010-04-24 17:29 | 異国の旅で | Comments(0)

早朝の散策を楽しみました、再現された水郷の民家群はとても魅力的ですがなんとなく映画のセットのように感じました、あまりに整い過ぎているのと人が住んでいないためかも知れません。
e0048413_15545154.jpg
e0048413_15551374.jpg
e0048413_15552740.jpg
e0048413_15554391.jpg
e0048413_1556138.jpg
e0048413_15561864.jpg

by kamogawa35 | 2010-04-24 15:59 | 異国の旅で | Comments(0)