<   2009年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧

花背広河原

佐々里峠から花背の広河原に降りました、ここも秋の気配に満ちていました、ススキなどは枯れていて木々は黄葉が始まっています、やはり市内より2週間ほど秋が進んでいることを実感しました。
e0048413_22174160.jpg
e0048413_2218216.jpg
e0048413_22181563.jpg
e0048413_22182932.jpg

by kamogawa35 | 2009-10-31 22:19 | 京都北部・北山 | Comments(0)

佐々里峠 色づく木々

芦生から花背に抜けました、途中の佐々里峠への道の両側は紅(黄)葉が盛りで山の斜面は美しいグラデーションに彩られていました、楓類もこれから紅くなるのでしばらく楽しめそうです。この道は冬の間は降雪で通行禁止になりますので今が一番のタイミングです、ごらんください。
1-4山道の両側 5.眼下を眺めると 6.佐々峠を越えて 7.山道ではブナの落葉がいっぱい
e0048413_22495092.jpg
e0048413_2250273.jpg
e0048413_22501644.jpg
e0048413_22503461.jpg
e0048413_22505290.jpg
e0048413_2251730.jpg
e0048413_22511944.jpg
 
by kamogawa35 | 2009-10-30 22:54 | 京都北部・北山 | Comments(0)

木の花実と青虫

由良川上流芦生のあたりでは紅葉だけでなくいろいろな雑木で花や実がなっていました、山椒の木にはアゲハ蝶の幼虫の青虫も付いていました。
ゆっくりと木々を眺めているのも面白いものです。
e0048413_2261112.jpg
e0048413_2262838.jpg
e0048413_2264022.jpg
e0048413_2265437.jpg
e0048413_22781.jpg
e0048413_2272247.jpg

by kamogawa35 | 2009-10-30 22:08 | 京都北部・北山 | Comments(0)

芦生 京大演習林 2

灰野の廃墟はすでに植林されてしまい石垣だけが昔の家屋跡を示していました、トロッコ道も少し進むと落葉で隠れてしまっています。もう少し山深く入りたかったのですが帰り時間が気になり今回はミニ散策で辛抱しました。
戻り道では紅く色づいた木々を眺め秋の深まりを実感しました。
e0048413_2148506.jpg
e0048413_2149572.jpg
e0048413_21492090.jpg
e0048413_21493640.jpg
e0048413_21495061.jpg

by kamogawa35 | 2009-10-29 21:51 | 京都北部・北山 | Comments(0)

芦生 京大演習林 1

美山のかやぶきの里から由良川を遡り源流域に広がる芦生の「京大演習林」に入りました。
今はほとんど廃線状態になっているトロッコ道を歩き50年前に廃墟になってしまった灰野の集落跡を過ぎトロッコ線路が廃れたところまでを往復しました、由良川源流の清冽な流れを下に見ての散策はとても楽しい時間でところどころ現れる紅葉もアクセントになって楽しさが倍増しました。
e0048413_21285368.jpg
e0048413_21291379.jpg
e0048413_21293857.jpg
e0048413_21295337.jpg
e0048413_21301550.jpg

by kamogawa35 | 2009-10-29 21:34 | 京都北部・北山 | Comments(0)

由良川上流 美山

由良川沿いのかやぶきの家群から上流を目指しました、川の上流に進むに従って木々の紅葉が目立ち楽しいドライブでした。楓はまだでしたが漆科の木々は紅く染まっていて見事でした。
上流の川のそばの紅葉は目を見張るような紅さで驚きました。
11月になったら山全体が紅く色付き本格的な紅葉シーズンに入ります]#IMAGE|e0048413_2228321.jpg|200910/28/13/|mid|500|323#]
e0048413_22285177.jpg
e0048413_22293169.jpg
e0048413_22303277.jpg
e0048413_22305547.jpg

by kamogawa35 | 2009-10-28 22:19 | 京都北部・北山 | Comments(3)

美山 かやぶきの里

紅葉を求めて北山を走りました、由良川上流芦生の森に入る前に美山のかやぶきの里によりました、雪景色・花景色も良いのですが秋の景色も魅力があります、各地から大勢の観覧者が来ていました。
地域を挙げてかやぶきの集落の整備保存に努めていて年々来場者が増えています、白川郷ほど大きな家屋はありませんが懐かしい山里らしい景色が魅力です。
e0048413_21151139.jpg
e0048413_21152245.jpg
e0048413_21153459.jpg
e0048413_21154562.jpg
e0048413_21155750.jpg
e0048413_21161067.jpg

by kamogawa35 | 2009-10-27 21:18 | 京都北部・北山 | Comments(0)

曽爾高原へ 2

中太郎バス停から歩いて約1時間40分亀山峠に到着、ここから眺める曽爾高原の圧倒的なススキが原に感動しました!関西随一と言われる評判に納得しました。
食後峠から降りて、白く輝くススキがなびく高原を歩く楽しさは言葉に尽くせない喜びで引率していただいたクラブのリーダーのTさんに大感謝の一日でした。
1.峠から倶留尊方面 2.峠から亀山方面、3.曽爾高原全景 4~7.ススキの曽爾高原をゆく
e0048413_21231732.jpg
e0048413_21233241.jpg
e0048413_21234627.jpg
e0048413_21235639.jpg
e0048413_2124836.jpg
e0048413_21241987.jpg
e0048413_21243710.jpg

by kamogawa35 | 2009-10-26 21:28 | 日本のあちこち | Comments(0)

曽爾高原へ1

地域のネイチャークラブの企画に参加して関西有数と言われるススキの草原の曽爾高原ハイキングに参加しました。近鉄電車で三重県の名張駅に行って、そこからバスで中太郎生まで、ここから秋の気配に満ちた自然歩道を亀山峠まで歩きました。
峠までの道は田園地帯から高原、山道へとよく整備されていて気持ちの良いハイキング道でした、魅力になっているススキもそこかしこに群生していて晩秋の景色が楽しめました。
3.曽爾高原主峰の倶留尊山 4.ススキ原越しに三つ岩・タカツキ山・ガンジ山
e0048413_2018952.jpg
e0048413_20182067.jpg
e0048413_20183652.jpg
e0048413_20185534.jpg

by kamogawa35 | 2009-10-26 20:24 | 日本のあちこち | Comments(0)

ハローイン

今日24日はハローインの日でした、北区の北山通り植物園前でイベントが行われていて大きな黄色いカボチャがいくつも用意されみなさん顔つくりにチャレンジしていました。
今日のために特別の扮装した人たちも多くいて盛り上がっていました、雰囲気の良いペアの方が快く写真に入ってくれました。
幼児もカボチャの中でポーズしていました。
e0048413_2264450.jpg
e0048413_2265755.jpg
e0048413_2271314.jpg
e0048413_2272628.jpg
e0048413_2274118.jpg
e0048413_2275230.jpg

by kamogawa35 | 2009-10-24 22:09 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)