<   2008年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

化野 念仏寺2

念仏寺の無縁仏を眺めて阿弥陀さんを拝んだあと少し進むと手入れの行き届いた竹林が現れました。
念仏寺は石仏がチャームポイントですが墓地に向かう竹林の小道も魅力的です。
丁度そこに東京から来られた娘さんがおいでになったので無理を言って写真に入って頂きました。嵯峨野を自転車でスイスイと巡っておられる若くて爽やかで活発な娘さんでした。時間がないと言いながら私がオススメした鳥居本まで嵯峨野道を自転車をこぎながら進まれて愛宕寺まで制覇されたのは驚きでした。又おいでください、ありがとうございました。
e0048413_22263595.jpg
e0048413_22264953.jpg
e0048413_2227616.jpg
e0048413_22272150.jpg
e0048413_22274284.jpg

by kamogawa35 | 2008-10-30 22:28 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(2)

嵯峨野 化野念仏寺1

嵯峨野の化野(あだしの)念仏寺に行きました、観光シーズンは狭い境内に人があふれとても落ち着いて拝観出来ません、今が端境期で丁度良い位でした。紅葉はまだですが集められた八千体にもなるというおびただしい無縁仏が並ぶ境内をゆっくりと巡り、奥嵯峨の静かな空気を吸う事が出来ました。本尊の阿弥陀如来にも対面しました。
e0048413_20234477.jpg
e0048413_20273080.jpg
e0048413_20283571.jpg
e0048413_20291949.jpg
e0048413_20294799.jpg
e0048413_20301619.jpg

by kamogawa35 | 2008-10-29 20:37 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

光悦寺2-光悦垣 sanpo

三巴亭や大虚庵茶室の前には光悦垣又は臥牛垣とも言われる魅力的な垣根が続いています。11月になると竹垣の上は紅葉、下は緑の杉苔と見事なコントラストを見る事が出来ます、少し早かったのですが写しましたのでご覧下さい、紅葉盛りが待たれます。
e0048413_20185420.jpg
e0048413_20192063.jpg
e0048413_20193475.jpg
e0048413_20195116.jpg
e0048413_20201541.jpg

by kamogawa35 | 2008-10-28 20:20 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

光悦寺1-紅葉のきざし

鷹峯の光悦寺は本阿弥光悦を祀る寺院で、刀剣鑑定を職とする芸術家で茶人の光悦がこのあたりに開いた芸術・職人村の中心にあった光悦宅が寺院になったとのことです。
いくつもの茶室があり毎日のように茶会が開かれています、又紅葉の名所として知られ市内よりやや早く11月始めから紅く染まり出します。
雨の日曜に行きました、静かでした、紅葉しはじめた楓があちこちにあって少し愉しめました。
1.三門あたり、まだ緑です 3.名茶室「三巴亭」4.その先にある光悦好みの茶室「大虚庵」
e0048413_19564100.jpg
e0048413_19561886.jpg
e0048413_19564199.jpg
e0048413_1956551.jpg
e0048413_1957695.jpg
e0048413_19571997.jpg

by kamogawa35 | 2008-10-28 20:02 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

法輪寺(こくぞうさん)

嵐山の渡月橋を渡ってすぐの斜面に法輪寺があります、真言宗の寺院ですが本尊が虚空蔵菩薩で愛称は「こくぞうさん」です。紅葉も少しありますが京都では十三参りの寺として親しまれていて数え年十三才になった子女が知恵や福徳を授かる為のお参りをします、山を下りても渡月橋を渡りきるまでは振り返らないよう親が注意します、振り返るといただいた福が消えてしまうとの言い伝えがあります。又二月八日と十二月八日には針供養も行われます。
2.本殿前に十三参りの家族が 3.虚空蔵菩薩を祀る本堂 4.ミズキの紅葉と宝塔 5.寺からふり返ってはいけない渡月橋が見える
e0048413_2203560.jpg
e0048413_2204736.jpg
e0048413_2205987.jpg
e0048413_2211128.jpg
e0048413_2212310.jpg

by kamogawa35 | 2008-10-27 22:09 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

若狭の海

先日機会があって地域の人たちと若狭に行きました、一泊二日で新鮮な魚とお酒で楽しく過ごしました。
泊まった場所は三方五湖を過ぎた所の若狭の民宿でした。
日の出前に散策しました、このあたりは海もきれいで日の出と共に青く染まった景色が劇的に明るくなってゆく変化は初めての事で感激でした。
全国どこにもありそうな景色ですが小さな漁港の朝を味わえて大満足!
e0048413_2101685.jpg
e0048413_2103531.jpg
e0048413_2105043.jpg
e0048413_2111128.jpg
e0048413_2112911.jpg
e0048413_2114884.jpg

by kamogawa35 | 2008-10-26 21:02 | 日本のあちこち | Comments(0)

佐々里峠と花脊

京都北山の美山地区と花脊の中間に標高500Mの佐々里峠があります。北山に登るスタート地点にもなっています、周りの深い森が魅力です。つづれ折の道を下ると花脊に、集落では茅葺きの家も点在します、地域一番の名刹は峰定寺です、春はシャクナゲ秋は紅葉が山門前を彩ります。
1.佐々里峠 2.山道から黄色くなりだした山を 3.4花脊の民家 5.6峰定寺
e0048413_1851627.jpg
e0048413_18512060.jpg
e0048413_18513151.jpg
e0048413_18514883.jpg
e0048413_1852470.jpg
e0048413_18522268.jpg

by kamogawa35 | 2008-10-26 18:52 | 京都北部・北山 | Comments(0)

広隆寺ー八角円堂

昨日に続いて広隆寺です。広隆寺は聖徳太子の建てた日本七大寺の一つで本尊は聖徳太子像です、現在その太子ゆかりの桂宮院本堂(八角円堂)が公開されています。
建長三年(1251年)の開山で別名は八角円堂と言い屋根は洗練された桧皮葺で頂上に宝珠をのせた大変美しいお堂でした。残念ながら撮影禁止でした、遠くからの写真と複写でご覧下さい。
e0048413_19442129.jpg
e0048413_19444388.jpg
e0048413_19445533.jpg
e0048413_194575.jpg

by kamogawa35 | 2008-10-25 19:45 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

広隆寺-国宝第一号

右京区太秦の広隆寺に行きました、ここには京都では珍しく魅力的な仏像が多くあります、特に国宝の第一号の「弥勒菩薩」は有名でその美しい姿は言葉に表せません。
宝物館に他の国宝や重文の見事な仏像と一緒に飾られています、さすが国宝の第一号、この弥勒さんは拝観者の人気の的で眺め入る人が絶えません、私は仏像の前の畳敷きの拝観台に座って一時の対面を楽しみました。
境内では少し紅葉の気配が見えました、何時行っても人は絶えないのですがあまり混んでいなくて時間をかけてゆっくり拝観出来るのがおすすめです。
0、国宝第一号の「弥勒菩薩半跏思惟像」複写
1.三条通りの山門 2.本堂へ 3.本堂廊下 4.講堂前の紅葉 5.庭園 
e0048413_21413959.jpg
e0048413_21421319.jpg
e0048413_21422919.jpg
e0048413_21424585.jpg
e0048413_2143229.jpg
e0048413_21433819.jpg

by kamogawa35 | 2008-10-24 21:43 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

芦生2

美山町の芦生地区は京大演習林に繋がる山奥の集落です、冬は深い雪に覆われます。
演習林散策の帰りに通りました、地域の老夫婦としばらく話をしました。
昔は山林業が盛んで若い人たちも跡を継いでいたそうですが林業が不振になったため若者は都会に出てしまって中高年ばかりの集落になっているそうです。
現在行政と地域が手を組んで活性化のための取り組みをすすめているところだそうです。
11月に入りますと周囲の山々の木々がが黄や朱に染まります、その頃もう一度入ってみたいと思っています。
e0048413_19543269.jpg
e0048413_19544965.jpg
e0048413_1955336.jpg
e0048413_19551870.jpg

by kamogawa35 | 2008-10-23 19:55 | 京都北部・北山 | Comments(0)