<   2008年 09月 ( 37 )   > この月の画像一覧

雨の雲龍院

東山泉涌寺の奥、別院の「雲龍院」に参りました、紅葉の景色は格別ですが静かなこの時期の庭園も魅力です。
ついた時は雨は降ってなかったのですがしばらくすると猛烈な雨になりました抹茶を喫して時間稼ぎをしました、雨にけむる庭園を所在なく眺め続けていました、雨音だけしか聞こえませんでしたがそれなりに充実感がありました。
同じように時間待ちをされていた美しい娘さんにお願いして後ろ姿ですが写させて頂きました。
ここは写経の寺として有名で毎月27日を写経の日としているようです、この日は写経日ではありませんでしたが静かに般若心経に向かわれている方が何人かおられました。平日でも受け付けてくれそうに思いました。
e0048413_20252164.jpg
e0048413_20254129.jpg
e0048413_20255785.jpg
e0048413_20261463.jpg
e0048413_2026301.jpg

by kamogawa35 | 2008-09-30 20:27 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

笠置山寺

京都と奈良の境界、笠置町の笠置山寺に行きました。
奈良・平安時代には修験業場の寺として栄え本尊の弥勒磨崖仏は多くの人々の信仰を集めたそうです。
しかし南北朝時代ここが南朝の後醍醐天皇の行在所となったため焼き払われ明治時代まで放置されやっと明治9年に再興されました。
本尊の弥勒磨崖仏は火災で剥落したままで形だけが残っています。もう一つ近くにある虚空蔵磨崖仏は美しい線刻が残っていて感激しました。
山内は紅葉の名所としても知られ秋には大勢の人で賑わうそうです。
2.本堂 3.本尊弥勒磨崖仏 4.7 山内には大岩・大石が至るところにあります 5.6 虚空蔵磨崖仏ー大陸からの渡来人の作か?約10Mの巨岩です 8.山上から
e0048413_22282892.jpg
e0048413_22284398.jpg
e0048413_22285683.jpg
e0048413_22291121.jpg
e0048413_22292572.jpg
e0048413_22294275.jpg
e0048413_2230066.jpg
e0048413_22301660.jpg

by kamogawa35 | 2008-09-29 22:31 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

智積院

東山の智積院では庭園周りで見事な萩が咲いています、皆さん記念写真を写していました。
丁度茶会が行われていたようで大勢の人が訪れていて賑やかでした。
e0048413_20273722.jpg
e0048413_20275413.jpg
e0048413_20281267.jpg
e0048413_20284181.jpg
e0048413_20291128.jpg
e0048413_20311526.jpg

by kamogawa35 | 2008-09-28 20:29 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

秋晴れ

滋賀県の運動公園に行きました、グランドでは保育園の運動会があってとても賑やかで盛り上がっていました。
快晴の今日、空は高く秋の薄雲がたなびいていました、いよいよ秋本番、気持ちの良い一日でした。
e0048413_2058524.jpg
e0048413_2059694.jpg
e0048413_20591967.jpg

by kamogawa35 | 2008-09-27 20:59 | 滋賀県 | Comments(0)

氷室の山-北山杉

氷室の里の奥は手入れの行き届いた北山杉の森が広がっています。
丁度京都一周トレイルの縦走山道が北山杉の間を通っていて若木から親木まで色々見て楽しむ事が出来ます。珍しく若木の枝落としをしたところがありました。
通る人はあまり多くないので独占で静かな森林の空気を味わう事が出来てとても贅沢な時間が過ごせました。聞こえるのは木々を揺らす風の音と鳥の声だけでした。
e0048413_20323822.jpg
e0048413_20325481.jpg
e0048413_20331282.jpg
e0048413_20333162.jpg
e0048413_20335740.jpg
e0048413_20342188.jpg

by kamogawa35 | 2008-09-26 20:39 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

氷室の里2

昨日に続いて氷室の里です、集落の一帯は黄金色に稲穂が実り、刈り入れの真っ最中でした。丘の農家から棚田越しの眺めは昔から続く日本の農業の見本のような景色でした。
丁度刈り取りのピークでした、黄金色の稲穂が満ちあふれるような田圃の景色にしばしの間浸りました。
夫婦で刈り取りをされている姿がとても良い雰囲気でした。
e0048413_2155232.jpg
e0048413_21551779.jpg
e0048413_21553391.jpg
e0048413_21555834.jpg
e0048413_21561915.jpg
e0048413_21564558.jpg

by kamogawa35 | 2008-09-25 21:57 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

氷室の里1

京都市北区鷹峯から京見峠を越えて北に進んだところにある氷室に行きました。人口二十数名家屋12の隠れ里のような場所で北山の中でぽっかりと開けたところが歴史に名高い氷室の里です。農業と林業で成り立ってきましたが高齢化が急激に進んでいます、山中の寒冷地を利用して江戸時代以前はここに氷室を造り冬の間に氷を貯蔵し暑くなってから天皇の住む京都御所に納めていたそうです。それが今の地名になっています。温暖化が進んで最近は氷は作れないそうです。
集落周りの自然を写しました。
1.氷室の農家の作業部屋 2.氷室のあった場所に立つ 3.農作業小屋で 4.白い彼岸花 5.黄色い花に同色のチョウ(ヒメアカタテハ?)6.山椒の実
e0048413_2115232.jpg
e0048413_21155213.jpg
e0048413_21164098.jpg
e0048413_2117515.jpg
e0048413_211732100.jpg
e0048413_2022417.jpg

by kamogawa35 | 2008-09-24 21:18 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

清水寺ー秋

彼岸を迎えた清水寺に行きました、相変わらず大勢の観光客が押し寄せていました。舞台では記念写真のオンパレードでした、韓国語中国語が乱れ飛んでいます。
この日は舞台を支える柱周りに咲く彼岸花を観光客に交じって写しました。舞台手前の石垣はなぜか登りたくなる魅力的な傾斜です。(遙か昔は石垣に取り付けましたが今は駄目、叱られます)
e0048413_1859715.jpg
e0048413_18591928.jpg
e0048413_1859335.jpg
e0048413_18594638.jpg
e0048413_190162.jpg
e0048413_1902476.jpg

by kamogawa35 | 2008-09-23 19:01 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

越畑ーそば

昨日アップした樒原から足を伸ばして越畑までドライブしました。
どうしてかと言うとここに地域の人たちが共同で始めたおそば屋さん「まつばら」があってすごく人気があるとの話を聞いたためです、人口が百人を少しこえた程度の過疎の集落で地域興しで始めた手打ち蕎麦屋が人気を呼んで土日は1時間待ちが当たり前というはやりようです。地域の人口以上のお客が京・大阪から不便な山道を来るという人気です、周辺ではブドウ狩りやリンゴ狩りも出来るようになっていました。
私もひたすら待って1時間以上・・・やっとそのそばにありつきました。
注文したざるそばをご覧下さい。あまりの空腹のためゆっくり味わう前に胃袋におさまっていました。大阪から来られたグループの人たちはおいしい!美味しい!の連呼でした。
1.地域の代表的な豪華な農家 2〜6蕎麦屋で
e0048413_2028242.jpg
e0048413_2029358.jpg
e0048413_20292027.jpg
e0048413_20293533.jpg
e0048413_20294799.jpg
e0048413_20295849.jpg

by kamogawa35 | 2008-09-22 20:30 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(2)

樒原ー棚田

昨日の水尾から少し進むと樒原の集落につきます、中心の四所神社周りの斜面いっぱいに美しい棚田が広がっています、京都市内から近くで棚田を見る事が出来る場所として人気があります。
丁度刈り入れ直前で黄金色の美しい稲穂の田を見る事が出来ました、色々な場所で棚田を写しました、ご覧下さい。
e0048413_841095.jpg
e0048413_8411494.jpg
e0048413_8412784.jpg
e0048413_8414012.jpg
e0048413_84202.jpg
e0048413_8422286.jpg
e0048413_8424734.jpg

by kamogawa35 | 2008-09-21 08:43 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)