<   2008年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

夏越の大祓 地主神社

 東山清水寺の境内にある、縁結びで名高い「地主神社」でも茅の輪が設けられ多くの参拝者がお祈りをしていました。
自主神社は修学旅行生の定番の場所ですが最近は外国からの観光客も増えています、今日も英語の他中国語・韓国語が乱れ飛んで賑やかでした、国籍を問わず若い女性は「恋占いの石」に目をつぶって近づき恋の成就を願い大騒ぎでした。
e0048413_21544794.jpg
e0048413_21552569.jpg
e0048413_2221074.jpg
e0048413_2224244.jpg

by kamogawa35 | 2008-06-30 21:55 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

夏越の大祓 上賀茂神社

今日6月30日は夏越の大祓の日です。今年の前半の無事を感謝し後半の平穏を祈る神事が各地の神社で行われていました。ここ上賀茂神社では大きな茅の輪が作られそれに左右から3回くぐる事によって穢れが払われるとのことで参拝の人たちが競ってくぐっていました。もちろん私もくぐって参りました。
京都ではこの夏越祓いに合わせ体力維持のため水無月という三角形の和菓子を食べる習慣があります、我が家では数日前から度々食べています、こんなに食べてしまったらきっと御利益は消えてしまったのではないかと・・・
e0048413_21315166.jpg
e0048413_2132933.jpg
e0048413_23145726.jpg

by kamogawa35 | 2008-06-30 21:33 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

浄瑠璃寺

京都と奈良の境界の加茂町には歴史のある浄瑠璃寺や岩船寺の古刹がありその近辺の野道沿いには大岩に刻まれた石仏が多く残っています。
素朴で鄙びた地域ですが一日をかけて地元の方々とも話をしながらゆっくり歩いて巡ると乱れた気分がおさまり、疲れた心を癒すにはピッタリの野仏巡りが出来ます。
最初は京都南部を代表する寺院の「浄瑠璃寺」です。
2、池越しに眺める九体阿弥陀堂(国宝)3.堂内に並ぶ国宝の九体阿弥陀如来像は間近に拝観出来て感動です。4.5.6阿弥陀堂側から眺める「東方三重の塔」7.灯籠中央越しに見る阿弥陀堂   (如来像は複写)
e0048413_2165047.jpg
e0048413_217930.jpg
e0048413_2172543.jpg
e0048413_2173948.jpg
e0048413_2175560.jpg
e0048413_2181295.jpg
e0048413_2182845.jpg

by kamogawa35 | 2008-06-29 21:14 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

立本寺 蓮が咲いた

市内の西陣に日蓮宗の本山寺院の「立本寺」があります、境内の空き地の殆どが駐車場になっていて本堂などの写真には車が入ってしまい雰囲気が壊れます。
しかしここの大鉢栽培の蓮は一級品です、住職さん達が丹誠を込めて育てておられます。 咲き揃った蓮の花を地域の人たちが早朝から参拝を兼ねて見に来ています、私も朝方行ってみました、ピンクの大きな花が咲いていて見事なものでした、又緑の葉には雨粒がたまって銀色に輝いているのも魅力でした。当分楽しめるようです。
e0048413_205007.jpg
e0048413_20501792.jpg
e0048413_20503637.jpg
e0048413_20505831.jpg
e0048413_20511563.jpg

by kamogawa35 | 2008-06-28 20:52 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

加茂なす

先日上賀茂の農地のあたりを歩きました、京都の特産伝統野菜として知られている「加茂なす」が地域の農家で栽培されていて独特の丸くて大きいなすびが実っていました、むっちりとした肉質で京料理に出てくる「なす田楽」は有名です。
熱々のなすにみそダレののった田楽の味は美味の極みで日本酒との相性は最高で一段とお酒がすすみます。
e0048413_2124813.jpg
e0048413_21243733.jpg
1.2加茂なす 3.なすの花
e0048413_21284813.jpg

by kamogawa35 | 2008-06-27 21:27 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

直指庵2

直指庵はずーっと昔は茅葺きの本堂だけだったように思いますが・・・
年々整備され今では奥に待合いや開山堂・道場などが作られています、あたりは竹林も美しいですが楓が茂って秋の紅葉の眺めは格別です。
(直指庵は少し辺鄙なところにあるため訪ねる人が少ないようですが穴場です、ブログをご覧になった皆さまにおすすめの場所です)
拝観の後は門前の茶店「北嵯峨」で食事をしました。とても落ち着くお店で値段も手頃、味も合格です。
茶店の横で大阪神戸から来られた3人組の女性に写真に入って頂きました、もう少し自然な感じに写したかったのですが・・・・
e0048413_23363675.jpg
e0048413_233765.jpg
e0048413_23373798.jpg
e0048413_23382111.jpg
e0048413_233913.jpg
e0048413_23394330.jpg

by kamogawa35 | 2008-06-25 23:40 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

直指庵1

竹林が見たくなって奥嵯峨野の直指庵に行きました、ここは参詣した人たちの思いを書いた「思いで草ノート」が有名で保存されているノートは5000冊を超えているそうです、今も思いの丈を書いている人やノートを読んでいる人たちが絶えません。私はこの時期ここの緑豊かな竹林が好きでマークしています。茅葺きの本堂に上がって静かに座るひとときは心の静まる貴重な時間です。
若い人たちもことば少なく座って雰囲気に浸っていました。
e0048413_23101589.jpg
e0048413_23172676.jpg
e0048413_23174726.jpg
e0048413_23215119.jpg
e0048413_23221131.jpg
e0048413_23223029.jpg

by kamogawa35 | 2008-06-25 23:20 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

法金剛院

右京区花園に律宗の寺院で関西花の寺の十三番「法金剛院」があります、名前の通り四季を通じて色々な花が咲いていて訪ねる人が年々多くなっています。今のメインは紫陽花とお釈迦様ゆかりの沙羅双樹(夏ツバキ)です、その他にもハナショウブ・桔梗・庭ナナカマド・山法師・クチナシなど色々咲いていました、間もなく主役は蓮の花になります。
3.4沙羅双樹 5.庭ナナカマド 6.山法師
e0048413_20395546.jpg
e0048413_20401390.jpg
e0048413_20405634.jpg
e0048413_20411166.jpg
e0048413_20412519.jpg
e0048413_20413828.jpg
沙羅双樹を見に来る人たちが大勢来ていました。
by kamogawa35 | 2008-06-24 20:48 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

二尊院

土曜日に行った二尊院を急遽アップします。
雨上がりの朝だったので雨粒が楓について美しいだろうと思って勇んで行きました、ウデがイマイチだったので雨粒の残る写真は不出来でしたが緑の美しさは格別で大満足でした。
東京から来られたお二人と一緒に本堂に参った(釈迦如来と阿弥陀如来を祀るため二尊院と呼びます)あと鐘突堂に行って皆で撞かせて頂きました、澄んだ鐘の音と長く響く余韻にシビレました。嵯峨野の山すそに響く鐘の音は何とも言えない魅力で私はここに行ったら必ず撞かせて頂きます。
紅葉の時期も素晴らしいのですがこの梅雨時の緑にも惹かれます。
秋の二尊院→二尊院
1.三門を入って緑の美しい参道を 2.この広い石段のバランスは格別、二尊院のチャームポイントです。3.4二尊院の本堂へ 5.鐘の音が心に響きます 6.帰りの参道もすばらしい
e0048413_20563128.jpg
e0048413_2057319.jpg
e0048413_20572322.jpg
e0048413_20574257.jpg
e0048413_2057598.jpg
e0048413_20582091.jpg

by kamogawa35 | 2008-06-23 20:59 | 京都の四季 洛西・嵯峨野 | Comments(0)

曼殊院

左京区一乗寺の曼殊院を訪ねました、残念な事に到着がほんの少し遅れたため閉門になっていて入れませんでした。
 門前の庭園あたりを散歩して参道の美しい緑や白壁に映える楓を楽しみました。
秋には見事な紅葉が周囲を彩り大勢の観光客で賑わいます。おすすめのポイントです。
庭園の眺めは→ 曼殊院 をご覧下さい。
e0048413_103049.jpg
e0048413_10302015.jpg
e0048413_10303438.jpg
e0048413_10304734.jpg
e0048413_103178.jpg

by kamogawa35 | 2008-06-22 10:27 | 京都の四季 洛北 | Comments(1)