<   2008年 04月 ( 53 )   > この月の画像一覧

峰定寺

北山の花脊の谷奥に修験宗の大悲山峰定寺があります、京都市内から2時間近く山道を走る山深い山岳寺院なのであまり人が訪ねませんが何とも言えない雰囲気のある山寺で山門から入って急坂の岩場を登ったところに舞台形式の本殿があります。
登ってみるとどうしてこんなに不便な山奥に寺院を造ったのだろうか?と疑問を感じてしまします。でもとても好きな寺院なので花脊方面に行った時はなぜか訪ねてしまいます、秋には美しい紅葉が周りを紅く染めて私たちを楽しませてくれます。

新緑の参道を進むと山門まわりでシャクナゲが満開でした。
e0048413_22565482.jpg
e0048413_22573179.jpg
e0048413_2258153.jpg
e0048413_22585845.jpg
e0048413_22593027.jpg
e0048413_230470.jpg

by kamogawa35 | 2008-04-30 23:00 | 京都北部・北山 | Comments(0)

野生の椿

市内では椿のシーズンは終わっていますが北山では今が盛りで野生の山椿などが森の中でひっそりと咲いていました。
e0048413_2139303.jpg
e0048413_2140962.jpg
e0048413_21415884.jpg
e0048413_21422593.jpg
e0048413_21425272.jpg

by kamogawa35 | 2008-04-29 21:43 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

阿弥陀寺

洛北大原の奥、古知谷に浄土宗の念仏道場寺院の「阿弥陀寺」があります。重文の阿弥陀如来さんが本堂に座して居られます。
春は美しい新緑の中シャクナゲ・九輪草が咲き、秋には秋海棠のあと紅葉が全山を彩る魅力の寺院です。
しかし交通不便とあまりに山奥のため訪ねる人は限られていて何時行っても独占状態で拝観を楽しめます、今回も私の他にはアマチュアカメラマンが一人だけで新緑とシャクナゲのコントラストを思い切り味わいました。
e0048413_2274895.jpg
e0048413_22122467.jpg
e0048413_22124397.jpg
e0048413_2213396.jpg
e0048413_2213208.jpg
e0048413_2213397.jpg

by kamogawa35 | 2008-04-28 22:15 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

大原 れんげ畑

洛北大原の三千院から寂光院に抜ける道沿いは京漬け物として人気のあるシバ漬けに使われる紅シソの畑が広がります、しかし今はまだ植えられていなくて肥料にもなるれんげ畑が広がっていました、大原の緩やかな山並みとピッタリの優しい眺めで、通る人たちも盛んにカメラに納めていました。
e0048413_21273234.jpg
e0048413_2128232.jpg
e0048413_21282752.jpg

by kamogawa35 | 2008-04-27 21:29 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

加茂街道 新緑

京都市内の中心を南北に流れる鴨川の上流出町柳の下鴨神社から川沿いに上賀茂神社までの道を加茂街道と言っています、その街道の北大路の上下流あたりにはケヤキや桜が植えられています、特にケヤキの大木は大きく枝を広げ若緑の葉が生え揃い新緑真っ盛りになってきました。
この道は歩いても車で走っても春は新緑、夏は涼しい木陰、秋が深まると紅葉と季節毎に魅力あふれる道になります、京都の通りの中でもトップクラスの人気の街道です、私もこの道が好きで京都の北へ走る時は回り道をしてもついついこの道を選んでしまいます。
e0048413_2017545.jpg
e0048413_20172327.jpg
e0048413_20174430.jpg

by kamogawa35 | 2008-04-26 20:21 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

雲ヶ畑 志明院

京都北山の雲ヶ畑の志明院でシャクナゲが見頃を迎えています。
鴨川の最上流岩屋山の山裾にある志明院は「岩屋山不動教」の単立修験寺院で、天長六年(829年)の創建と歴史のある寺院ですが山奥の不便なところにあるのであまり人が訪ねません、今月の29日には山伏達が集まって護摩が焚かれ多くの人が集まります。
私は以前に見学した時、山伏達の問答や護摩にすごい感銘を受けました。一見の価値のある修験の催しです。
山奥の静かで霊気のただよう志明院ですがシャクナゲが山門前で咲いてこの時期ばかりは華やかになります。
e0048413_21412079.jpg
e0048413_21413684.jpg
e0048413_21415398.jpg
e0048413_2142833.jpg
e0048413_21422877.jpg

by kamogawa35 | 2008-04-25 21:43 | 京都北部・北山 | Comments(2)

鴨川 菜の花

鴨川上流で菜の花が満開になって魅力的な眺めに河面が一変しました、この菜の花は鴨川だけでなくあちこちの川で野生化して群生しているを見かけます、話によると外国から帰化した菜の花のようで強い繁殖力があります、鴨川でもこの数年で川の中を埋め尽くすほどに増えました、散歩している人たちは川の積土一面に咲く黄色い花を愉しんでいます、私も今日川辺に近づいて花に埋もれました。
e0048413_19365640.jpg
e0048413_19373472.jpg
e0048413_19375237.jpg

by kamogawa35 | 2008-04-24 19:39 | 京都の四季 洛北 | Comments(0)

京都御苑 やまぶき

京都御苑にある迎賓館の東側に太いケヤキなどの樹が茂る森があります。散策の人が時々通る程度の静かな道です。その中間に染殿井跡があります、このあたりは平安時代摂関政治の礎を築いた藤原良房の屋敷「染井第」があったと言われていて井戸跡が残って保存されています。
その井戸跡の周りがヤマブキの大群落になっています、町中の京都御苑にこんなにすごいヤマブキの花の群落があるとは・・・・驚きました。
夕暮れに歩いて森の空気を吸ってヤマブキやしゃがの満開に浸って満ち足りた気分を味わいました。
e0048413_21444532.jpg
e0048413_2145160.jpg
e0048413_21451989.jpg
e0048413_2145378.jpg
e0048413_21455320.jpg

by kamogawa35 | 2008-04-22 21:46 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

山里に春が

京都と福井の県境の山里に行きました、蕗の薹やカンゾ・ツクシなどはもう過ぎていましたが「こごみ」が顔を出していました、摘んで帰り天ぷらにして春を味わいました。又その近くには珍しくミツマタの群落があり花が咲いていました、今はこのあたりも過疎集落になっていますが昔は和紙の原料としてミツマタを栽培していたのかな?
集落を出ると国道162号線の道沿いに植えられた桜が満開でした、やはり雪深い地域なので咲くのは遅くなると地区の方が話していました。集落の畑越しに眺めた国道の桜は美しい景色でした。
e0048413_2145513.jpg
e0048413_21461363.jpg
e0048413_21463379.jpg
e0048413_21481287.jpg
e0048413_21483054.jpg
e0048413_21485072.jpg

by kamogawa35 | 2008-04-21 21:57 | 京都北部・北山 | Comments(0)

梨の木神社 ヤマブキ

京都御苑の東側にある梨の木神社は萩の名所ですが、春には鳥居周りのヤマブキが咲いて新緑とのコントラストで参拝者の人気があります。今が丁度満開でこれぞ黄金色!という感じでとても豪華な気分になりました。
e0048413_22314352.jpg
e0048413_2232650.jpg
e0048413_22331450.jpg
e0048413_22333132.jpg

by kamogawa35 | 2008-04-20 22:34 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)