<   2006年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

南禅寺-夏を歩く1

夏を迎えた京都です、外を歩くだけで汗が出ます。
先週末少し時間が空きましたので南禅寺に行きました、さすがに観光客は少なくゆっくり歩けましたが暑くて暑くて大変でした、でも外人の観光客を多く見ました。
木々の緑が濃くなっていて蝉の鳴き声も激しく真夏を体感したひとときでした。
e0048413_21153149.jpg
e0048413_21155466.jpg
e0048413_21162822.jpg

1〜3国宝の三門
e0048413_21174227.jpg

4.本堂への道
e0048413_21185049.jpg

5.本堂
e0048413_2119222.jpg
参拝を済ませて
by kamogawa35 | 2006-07-31 21:20 | 京都の四季 洛東 | Comments(2)

雲取山登山

昨日地元シニアの皆さんと京都府で二番目に高い雲取山(911M)に登りました。
頂上からの下山中に激しい雨になり難渋しました、その上、雨のせいか蛭がいつの間にか何匹も体について血を吸われ参りました。
でも本当に登れるか?と心配していましたが無事に全コース歩く事が出来て大満足、体力に自信がつきました。
1〜2. 杉林の道を登り始める 3.雲取山頂上、展望は無し 4.雨水が流れだした谷
5.山草が美しい雨後の山肌
e0048413_18145248.jpg
e0048413_18151495.jpg
e0048413_18153521.jpg
e0048413_18155456.jpg
e0048413_1816193.jpg

by kamogawa35 | 2006-07-30 18:18 | 京都北部・北山 | Comments(0)

仙洞御所2

続いて仙洞御所内の茶室「醒花亭」とその廻りをご覧下さい。
1.2醒花亭 3.亭前の杉苔 4.凝ったつくりの障子 5.茶室の名前になった醒花の文字のある李白の詩の拓本 6.一緒に拝観したオーストラリアからの学生さん達
e0048413_21123170.jpg
e0048413_21131791.jpg
e0048413_21134586.jpg
e0048413_211472.jpg
e0048413_21142431.jpg
e0048413_21145379.jpg

by kamogawa35 | 2006-07-29 21:15 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

仙洞御所1

参観申し込みが当たりましたので暑い中ですが京都御所の中にある仙洞御所を参観しました。
仙洞御所は今も皇室関係者の宿舎や接待に使われている大宮御所につながっていますが建物は徳川時代末期に焼失したままで小堀遠州が作った庭園だけが残っています。
今は木々は緑一色でしたが秋も深まれば紅葉黄葉がとても美しく池に写る眺めは素晴らしいと案内の宮内庁の担当者が言っていました。もう一度行ってみたい庭園です。
1.大宮御所お車寄席、三層の屋根が美しい 2.又新亭(ゆうしんてい)近衛家献上の茶室 3〜6庭園
e0048413_20522678.jpg
e0048413_2053540.jpg
e0048413_20553134.jpg
e0048413_20555167.jpg
e0048413_2056858.jpg
e0048413_2056281.jpg

by kamogawa35 | 2006-07-29 20:57 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

京都御所ー夏景色

先日抽選で京都御所の千洞御所の拝観があたりました、小堀遠州が作庭しただけあって素晴らしい庭でした、それは後日アップ致しますがその前に歩いた炎天下のの御所は人も少なくて平安時代もこんな景色だったかな?と思えるほどのゆったりとした景色でした、でもすごくむし暑く汗まみれでした。
e0048413_22164838.jpg
e0048413_22171551.jpg
e0048413_22173534.jpg
e0048413_221813.jpg

1.炎天下の御所 2.たまらず木の下へ避難 3.林の中で茗荷の群生花盛り 4杉苔の中でキノコが・・・
by kamogawa35 | 2006-07-27 22:23 | 京都の四季 洛中 | Comments(3)

廬山寺 源氏の庭

紫式部の屋敷跡と言われる廬山寺の庭園は美しい白砂と杉苔そこに満開を迎えた桔梗の花がアクセントとなって何ともいえない心の休まる眺めです。
京都御所の東側の静かな寺院で私の好きな場所の一つです、秋には紅葉が白砂に映えます。又2月3日の節分会は「鬼の法楽」の名で有名で豆まきに信者が集まります。
e0048413_18503232.jpg
e0048413_18505690.jpg
e0048413_18512854.jpg
e0048413_18515439.jpg
e0048413_18522178.jpg
e0048413_1852479.jpg

by kamogawa35 | 2006-07-23 18:54 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

下鴨神社2 本殿

下鴨神社の御手洗祭りの後、お参りをしました、偶然親友の奥さんがグループで国宝の本殿の拝観に来られていました、一緒に昇殿して神官の説明を聞き写真も写せました。ラッキーでした。
e0048413_16471761.jpg
e0048413_16474354.jpg

干支毎十二のお参り所があります。
e0048413_1649244.jpg

国宝の本殿です(江戸時代中期の建物)
e0048413_16503587.jpg

本殿の狛犬(陶器?)鮮やかなブルーです、もう一つは緑色です、珍しい狛犬です。
e0048413_16525573.jpg

by kamogawa35 | 2006-07-23 16:54 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

世界遺産の下鴨神社で土用に行われる恒例の「みたらし祭り」が行われています。梅雨の雨が今日だけ中休み夏の日差しになりましたので行ってきました。
別名足つけ神事と言われていますが、暑い土用に御手洗池に足を浸け心身を清め無病息災を祈ります、特に親子ずれ孫ずれが多く、子供達の行く末の幸せを祈りロウソクに灯をともしお参りをする人たちであふれていました。
e0048413_22354332.jpg
e0048413_223784.jpg
e0048413_22375026.jpg
e0048413_22381129.jpg
e0048413_22383470.jpg

by kamogawa35 | 2006-07-22 22:39 | 京都の四季 洛中 | Comments(2)

柴漬けの里ー大原

京都の洛北大原の里は三千院や寂光院があって観光のメッカですが昔から京都を代表する漬け物「柴漬け」の産地でもあります。その柴漬けに欠かせない「しそ」を栽培している畑を写しました、梅雨時に大きく育ち葉の紅色が濃くかがやきます。
e0048413_2241647.jpg
e0048413_2244474.jpg
e0048413_225554.jpg

1.一面に広がるしそ畑 2.しそ畑の向こうは三千院のあたりです 3.ガイドの立て札
by kamogawa35 | 2006-07-21 22:07 | 京都の四季 洛北 | Comments(3)

町のお地蔵さん

京都には昔から各町内にお地蔵さんがあります、市街化が進んでいますが今も朝夕老若男女がお参りしている姿を見ます、その中でも市内の広い地域から参拝者が来るお地蔵さんがあります、最初は代表的なところをご覧下さい。
1〜3.千本上立売を上がったところの「釘抜き地蔵」苦労を抜き取ってくれるお地蔵さん、大きな釘抜きが飾ってあります。
4.寺町三条の「矢田寺」苦労を代わって受け止めてくれます。
5〜6.祇園町の「めやみ地蔵」昔は洪水を防ぐ 雨止み地蔵 と言っていましたがいつの間にか「あ」がとれて めやみ地蔵になり眼病を治す地蔵になりました
e0048413_2194752.jpg
e0048413_2110493.jpg
e0048413_21102584.jpg
e0048413_21104934.jpg
e0048413_21111472.jpg
e0048413_21113442.jpg

by kamogawa35 | 2006-07-19 21:13 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)