<   2006年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

野の花

北山美山町の山里の道側でこの時期にあちこちで咲いている黄色の「地縛り」の花と野生のタチツボスミレの群生を写しました。地縛りの花を写していたら山里に住む蝶が飛んできて蜜を吸っていました、偶然でしたがうまく写せました。
スミレも見慣れた種類のようですが雨後の日差しで輝いていました、丁度ここにも小さな昆虫が花の蜜を吸いに来ていました。
e0048413_22215210.jpg
e0048413_22222825.jpg
e0048413_2223395.jpg
e0048413_22232690.jpg

by kamogawa35 | 2006-05-31 22:23 | 京都北部・北山 | Comments(0)

建仁寺 両足院

昨日に続いて建仁寺です、境内東側にある塔頭「両足院」を拝観しました。
三つの庭園と茶室が有名で、開山の龍山徳見和尚が中国から帰った時の従者が日本最初の饅頭を作ったとの事で、饅頭始祖の寺とも言われています。
ここは住職とその奥さんだけの塔頭で手入れが大変なため平常は非公開、たまに特別公開のみしているそうです。
1、唐門前前庭 2、書院前庭 3、塔頭正面
e0048413_20173470.jpg
e0048413_2018846.jpg
e0048413_20183241.jpg

by kamogawa35 | 2006-05-29 20:12 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

建仁寺と西来院

先日京都五山の一つ、臨済宗本山の建仁寺に行きました。私の同級生がここの塔頭西来院(非公開)の住職をしています、昨日会う機会があって公開の了解を得ましたので併せてアップします。
1.2.建仁寺 3.4西来院 
e0048413_1841419.jpg
e0048413_1844472.jpg
e0048413_1851198.jpg
e0048413_1853468.jpg

by kamogawa35 | 2006-05-28 18:06 | 京都の四季 洛東 | Comments(1)

妙法院

東山七条にある天台宗の妙法院門跡は平常非公開ですが年に二回ほど公開します。
有名な三十三間堂も境内で妙法院の所管です。
重文の大玄関と書院、庭園をご覧下さい。
e0048413_1545728.jpg
e0048413_1551910.jpg
e0048413_1554427.jpg
e0048413_156312.jpg

by kamogawa35 | 2006-05-27 15:07 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

御香宮神社

伏見桃山の大手筋に御香宮神社があります。元は秀吉が桃山城の守護神として建てた神社ですが後に家康が現在地に立て直し徳川家が大切にして現存する社殿を寄進したそうです。
伏見の酒どころにふさわしい良質の宮水が湧き出る事でも有名です。
表門は伏見城の遺構・本殿は家康の寄進でともに重要文化財に指定されています。
1.表門2本殿3庭園
e0048413_22204623.jpg
e0048413_2221691.jpg
e0048413_22213187.jpg

by kamogawa35 | 2006-05-24 22:22 | 京都南部・伏見 | Comments(3)

寺田屋など

昨日の続きで伏見の散策です、酒蔵の町並みの側に旅館寺田屋があります。ここで坂本龍馬が襲われた時、後に妻となった女中のおりょうの機転で危うく一命を取りとめた話は有名です。運河のそばにある水運お守りの長建寺と併せてご覧下さい。
e0048413_23134638.jpg
e0048413_23141140.jpg
e0048413_23143535.jpg
e0048413_23151452.jpg

by kamogawa35 | 2006-05-23 23:16 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

弁天浜と酒蔵

京都から大阪湾に流れる淀川を活用するため疎水が作られて明治維新まで伏見は京都と大阪をつなぐ物流の大基地でその川港を弁天浜と言っていました。
昔を偲ぶ十石船が酒蔵をバックに柳の美しい疎水で観光客を乗せて流しています。
e0048413_23502974.jpg
e0048413_2351759.jpg
e0048413_23513688.jpg

by kamogawa35 | 2006-05-22 23:52 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

酒蔵の町

伏見と言えば日本酒、焼酎ブームの今でも日本を代表する日本酒メーカーの酒蔵が揃っています。日本酒はワインやチューハイなどに押されて毎年前年割れが続いています、しかしここに来てワンカップで飲める日本酒を足がかりに復活の気配があります。
大倉酒造(月桂冠)のお酒の博物館などこの辺り一帯は酒蔵が揃っていてその周りを運河が流れ近くには龍馬で有名な旅籠の寺田屋、幕末の戦いの舞台となった五香の宮などがあってゆっくり歩けばとても楽しくてほろ酔いになれる事保証付きの楽しい町です。
e0048413_23152026.jpg
e0048413_23154697.jpg

by kamogawa35 | 2006-05-22 23:16 | 京都南部・伏見 | Comments(0)

杉坂の藤

京都から周山方面に行く抜け道に京見峠・杉坂越えがあります、道は細いのですが時間は半分で済みます、その道沿いのところどころで、野生の藤が満開でした、手入れの行き届いた藤棚とは別物ですがそれなりに見事なものでした。
e0048413_20391933.jpg
e0048413_2041972.jpg

by kamogawa35 | 2006-05-16 20:40 | 京都北部・北山 | Comments(2)

里山の草花

京都美山町の里山で春に咲く野草を写しました、これから夏にかけていろいろな花がさきます楽しみです。
1.まむしぐさ   2.らしょうもんかずら  3.いちりんそう  4.ムラサキケマン  5.タンポポの種
e0048413_23105639.jpg
e0048413_23115653.jpg
e0048413_23233762.jpg
e0048413_23244476.jpg
e0048413_23265635.jpg

by kamogawa35 | 2006-05-15 23:12 | 京都北部・北山 | Comments(0)