カテゴリ:京都の四季 洛中( 748 )

街路樹も紅葉の盛り

朝晩の寒気で市内の楓も紅葉が本格化し始めました、忙しくなりそうです。
 また街路樹の定番の桜やケヤキ、ミズキなどが一足先にピークになっています、ご覧ください。
銀杏も黄色く染まり始めました、楽しみです。
e0048413_19522028.jpg
e0048413_19521172.jpg
e0048413_19515796.jpg
e0048413_19514195.jpg
e0048413_19513225.jpg
e0048413_19511993.jpg
e0048413_19510900.jpg
e0048413_19505397.jpg


by kamogawa35 | 2017-11-07 19:53 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

名月管弦祭 下賀茂神社

昨日は中秋の名月、京都でもあちこちの寺社で観月祭が催されました。
世界遺産の下賀茂神社では「名月管弦祭」の名前で毎年この日に雅楽など色々な伝承音楽が奏され多くの観覧者が訪れます。
私も昨夜招かれて見に行きました、雅やかな行事で雰囲気は最高でしたが夜になって猛烈に寒くなりました、薄着だったので途中でたまらず退席しました。来年また来たいと思いました。
神社内では満月が写せませんでしたが外に出たところで写せる場所がありラッキーでした。
e0048413_18283518.jpg
e0048413_18282981.jpg


e0048413_18280889.jpg
e0048413_18272078.jpg
e0048413_18271398.jpg
e0048413_18270331.jpg
e0048413_18265878.jpg
e0048413_18264075.jpg



by kamogawa35 | 2017-10-05 18:32 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

萩の寺 常林寺

上京区の出町柳にある常林寺は萩の寺として人気があります、ようやく盛りを迎え多くの観覧者が来ています。
浄土宗の小さな寺院ですが拝観料も不要でおススメです。今週が盛りです。
e0048413_19051580.jpg
e0048413_19050322.jpg
e0048413_19050006.jpg
e0048413_19045549.jpg
e0048413_19045171.jpg
e0048413_19044799.jpg
e0048413_19044275.jpg

by kamogawa35 | 2017-09-22 19:06 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

六斎念仏踊り 光福寺

お盆の行事のしんがりと思っている六斎念仏の行事が8/9~9/3日にかけて京都の寺社20か所程で繰り広げられています。
 今日は六歳念仏踊りの元締めと伝わっている光福寺に行きました。
浄土宗系の寺院で正式には干菜山(ほしなざん)光福寺と言います、午後8時ころから六斎念仏踊りが始まりました、本堂内には観覧者が詰めかけています、ここの六斎は芸能系で鐘・太鼓・笛が賑やかに奏される中を小山郷と田中郷の踊り手が熱演します、すごく迫力があり見ごたえがあります、演目は多く続きまが時間の都合で猿回しまでで失礼しました。
e0048413_23142166.jpg
e0048413_23141346.jpg
e0048413_23140515.jpg
e0048413_23131785.jpg
e0048413_23130082.jpg
e0048413_23120679.jpg
e0048413_23115973.jpg
e0048413_23115307.jpg
e0048413_23114726.jpg
e0048413_23114137.jpg

by kamogawa35 | 2017-08-20 23:17 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

護王神社 足腰守護神

京都御所の西側に鎮座する護王神社 
平安京の建都に貢献された和気清麻呂公をお 祀りしている神社です。足を痛めた和気清麻呂公をいのししが守ったと伝わる故事にちなんで足腰の守護神として広く崇敬されており、境内の狛猪に因み「 いのしし神社」とも呼ばれ親しまれています。
毎月21日には午後から足腰守護の祭事が行われます。
私も脚力・体力がイマイチなのでお参りしました。
海外から来た旅行者もコマいのししを珍しそうに眺めていました、いのししの彫刻から出る手水では顔や体に思い切り冷水をかけて楽しんでいました、びっくり!
e0048413_12561839.jpg
e0048413_12561536.jpg
e0048413_12561150.jpg
e0048413_12560478.jpg
e0048413_12555709.jpg
e0048413_12554224.jpg
e0048413_12555179.jpg

by kamogawa35 | 2017-08-13 12:59 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

京都御苑 夏

京都御苑の寺町御門のそばに立派な百日紅があります、真夏を迎え真っ赤な花が群れ咲いています、御門とのコントラストが良くてカメラを構える人が絶えません、私もチャンスと写しました。
 門を入ったあたりにもあちこちに百日紅があって燃えるような感じで咲いています、夏真っ盛りの景色です。
e0048413_21235204.jpg
e0048413_21234631.jpg
e0048413_21233793.jpg
e0048413_21233177.jpg
e0048413_21231545.jpg
e0048413_21230643.jpg

by kamogawa35 | 2017-08-07 21:24 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

花ミョウガ

京都御苑を散策しました、真夏の暑さで人もまばらです、女子大生がジョギングで頑張っていました。
 暑さを避けて木陰の道に入りました、「花ミョウガ」が満開でした、ピーク後半でしたが何とか咲いている群落を見つけて写すことが出来ました。
 花ミョウガを見るのは初めてです、ミョウガに似た姿ですがショウガ族の植物だと知りました。
花の魅力はイマイチのように感じました。

e0048413_10482935.jpg
e0048413_10482384.jpg
e0048413_10481648.jpg
e0048413_10480836.jpg
e0048413_10480179.jpg
e0048413_10473055.jpg

by kamogawa35 | 2017-07-30 10:51 | 京都の四季 洛中 | Comments(2)

大光明寺 石庭

京都の中心、京都御苑の北側を少し北に進んだところに、金閣寺や銀閣寺を系列に抱える臨済宗大本山の相国寺①②があります、先日久しぶりに訪ねました。
 境内はいかにも禅宗の本山らしく簡潔で質実剛健の空気が張り詰めています。
塔頭が幾つもありますが観光化されていなくて、本山美術館・方丈など以外は殆どが拝観謝絶です。
 その中の塔頭の一つに「大光明寺」③~⑨があります、観光寺院ではありませんが参拝はできます、本堂の前には石庭が広がっています、寺院のご努力で庭園を守っておられます、派手さの無い鄙びた雰囲気ですが気分が落ち着く石庭で、私は大変気に入っています。
 今回もお訪ねして本堂に手を合わせてからひと時を過ごさせていただきました、心がなごみました。
e0048413_20380203.jpg
e0048413_20375971.jpg
e0048413_20375581.jpg
e0048413_20375009.jpg
e0048413_20374645.jpg
e0048413_20374177.jpg
e0048413_20373718.jpg
e0048413_20373267.jpg
e0048413_20372670.jpg

by kamogawa35 | 2017-07-26 20:47 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)

妙蓮寺 芙蓉

上京区の堀川寺の内を少し西へ進んだ西陣エリアに日蓮宗系の本山寺院「妙蓮寺」があります。
夏に芙蓉が咲く寺として地元の人たちに愛されています。
見頃だとの情報で行ってみました、少し濃いめのピンクの大花の満開が始まっていました、花芯のところが伸びて上を向いているのが愛嬌です、楽しみました。
 行った時間が少し遅く気温がどんどん上がっていて参拝者は誰も来ていませんでした。
今日は35度を超えました。
e0048413_15515296.jpg
e0048413_15514816.jpg
e0048413_15514440.jpg
e0048413_15514061.jpg
e0048413_15513559.jpg
e0048413_15511929.jpg
e0048413_15512900.jpg

by kamogawa35 | 2017-07-21 15:53 | 京都の四季 洛中 | Comments(2)

盧山寺 紫式部邸跡

京都御苑の東にある天台宗系の「盧山寺」は源氏物語を執筆した紫式部の邸宅跡と伝わっている寺院です。
本堂前に広がる庭園は(源氏の庭)と命名され平安朝の優雅な雰囲気が人気になっています。
特に初夏のキキョウと秋の紅葉は一見の価値があります、少しピークを過ぎかけていましたが桔梗の庭を見に行きました。
 昨日は梅雨が終わったような猛暑で桔梗もいまいち涼やかさが感じられません、もう少し早く6月末~7月初めに来るべきでした。
ただ王朝の頃を連想させる庭園のデザインはとても魅力がありました、来年は梅雨のさなかに訪れたいものです。
e0048413_20530311.jpg
e0048413_20525881.jpg
e0048413_20525123.jpg
e0048413_20524619.jpg
e0048413_20523871.jpg
e0048413_20523191.jpg
e0048413_20522505.jpg
e0048413_20521242.jpg
e0048413_20520613.jpg

by kamogawa35 | 2017-07-15 18:55 | 京都の四季 洛中 | Comments(0)