山科 毘沙門堂

山科の安朱にある毘沙門堂は天台宗の門跡寺院で七福神の一つ毘沙門天が本尊になっている事から「毘沙門堂」の名前が付きました。当初は京都市内の御所の近くにありましたが戦乱を逃れ1665年(寛文五年)にこの地に移ったそうです。
商売繁盛・家内安全の御利益を求め春の桜、秋の紅葉の頃は多くの参拝者で賑わう山科区を代表する寺院です。
 楓の新緑を見ようと訪ねました、参道や山門周りの新緑は魅力いっぱいでした、名庭園、晩翠園の落ち着いた眺めに癒されました。
e0048413_16462762.jpg
e0048413_16464262.jpg
e0048413_16465328.jpg
e0048413_1647628.jpg
e0048413_16471574.jpg
e0048413_16472859.jpg
e0048413_16473619.jpg

by kamogawa35 | 2015-05-06 16:50 | 京都の四季 山科 | Comments(0)

2014花めぐり34 毘沙門堂

京都山科にある天台宗の門跡寺院、毘沙門堂に昨日行きました。NHKも今日の朝のTVで紹介していました。
急坂の参道を登ると樹齢150年を越すしだれの桜が満開を迎えていました、至近距離から見るので迫力があります。
ソメイヨシノも満開です、市内はピークを過ぎだしましたが山手にあるため今が満開で幸運でした。大提灯の下の急階段を下りました。
e0048413_17413.jpg
e0048413_1742779.jpg
e0048413_174327.jpg
e0048413_175029.jpg
e0048413_175224.jpg
e0048413_1752951.jpg
e0048413_1752963.jpg
e0048413_176131.jpg
e0048413_176374.jpg

by kamogawa35 | 2014-04-09 17:07 | 京都の四季 山科 | Comments(0)

2014花めぐり9 大石神社

山科区の西野山には大石内蔵助が仇討の想を練って隠棲していたこともあって大石神社や大石寺と呼ばれる岩屋寺があり多くのファンが訪れます。
 どちらにも美しいしだれ桜があって続々花見を兼ねた参拝者が訪れています、丁度満開を迎えたところです、聞いて見たら4月上旬まで楽しめるとのことでした。
東京から来られた忠臣蔵ファンの方達が熱心に撮影しておられ大満足!と笑顔でおっしゃっていました。
e0048413_18591351.jpg
e0048413_18593621.jpg
e0048413_18593776.jpg

e0048413_1931121.jpg
e0048413_1935098.jpg
e0048413_1933333.jpg
e0048413_1941548.jpg
e0048413_1935856.jpg

by kamogawa35 | 2014-03-30 19:05 | 京都の四季 山科 | Comments(0)

蹴上にある日向(ひむかい)大神宮は内宮と外宮を備えた開運厄除けの神社として知られています。
紅葉の名所になっていますが今は新緑の盛りです、またシャガが参道に沿って植えられていて盛りを迎えています。
少し辺鄙な場所にあるために南禅寺や平安神宮からも近いのにあまり人が来ていません、朝の時間は独占で参拝が出来ます。今、楓が最高に美しく見える時を迎え穴場としておすすめです。
e0048413_1803261.jpg
e0048413_1804317.jpg
e0048413_18054100.jpg
e0048413_181742.jpg
e0048413_1811754.jpg
e0048413_1812614.jpg
e0048413_1813842.jpg
e0048413_1815292.jpg
e0048413_18289.jpg
e0048413_1822386.jpg

by kamogawa35 | 2013-04-25 18:03 | 京都の四季 山科 | Comments(0)

山科区にある勧修寺に行きました。ここは醍醐天皇が創建されたと伝わっていて千年以上の歴史のある古刹です。
池泉回遊式の庭園に四季毎に咲く花が魅力です、今は山門をくぐったところから広がる紅葉であたりが真っ赤に染まって美しい限りです、盛りの後半になっていてあとしばらくすると散りモミジです。
e0048413_190062.jpg
e0048413_1901214.jpg
e0048413_1902725.jpg
e0048413_1904395.jpg
e0048413_1905581.jpg
e0048413_191729.jpg
e0048413_1911873.jpg
e0048413_1913170.jpg
e0048413_1914526.jpg

by kamogawa35 | 2012-11-21 19:02 | 京都の四季 山科 | Comments(0)

紅葉だより29 毘沙門堂

山科区にある紅葉の名所 毘沙門堂を訪ねました。
魅力的な山門や本堂が修復中で拝観は制限されます。それでも急坂の階段を登ると勅使門、紅葉に包まれた白壁が現れ感動します。
弁財天を祭るお堂の辺りが紅葉の盛りで登って参拝しました。
e0048413_21403475.jpg
e0048413_21404997.jpg
e0048413_2141260.jpg
e0048413_21411445.jpg
e0048413_21412540.jpg
e0048413_2141379.jpg
e0048413_21415529.jpg
e0048413_2142786.jpg

by kamogawa35 | 2012-11-20 21:43 | 京都の四季 山科 | Comments(0)

大乗寺の酔芙蓉

山科区の旧東海道の道沿いに酔芙蓉で人気が出て来ている「大乗寺」があります。
元々は市内の七本松通りにありましたが住職の尼さんが返上を申告され20年ほど前にこの地に移ってきたそうです。
 法華宗本能寺派の末寺の小さな寺院で本能寺執事長の岡沢住職がこの寺に移られてゼロから寺院作りに取り組まれました、境内には約1500株の酔芙蓉の株が植えられていて間もなく盛りを迎えます。酔芙蓉の寺として最近人気が沸騰気味です。
 山科に行く機会があって訪ねました、残念なことにまだ1~2分咲きでピンクに酔っぱらった花はあまりありませんでした。
多分今月末から10月上旬が盛りになると思います、不便な場所ですが一度は訪ねていただきたい寺院です。
e0048413_2319380.jpg
e0048413_2319258.jpg
e0048413_23193987.jpg
e0048413_23195320.jpg
e0048413_23201046.jpg
e0048413_23202413.jpg

by kamogawa35 | 2012-09-21 23:23 | 京都の四季 山科 | Comments(2)

毘沙門堂 紅葉の始まり

今年のJR「そうだ京都へ行こう}のキャンペーンに選ばれたのは山科区にある「毘沙門堂」です。
金曜日の25日に行きました、話題になっているせいかすごく多くのツアー団体が押し寄せていて人であふれています、バスが入らないので離れた所から歩いて来て更に急階段を登るので①皆さんヘトヘトニなっていました、本音はモミジよりも休みたい!と言う感じの人が多くいました。
 紅葉はピークが始まったばかりで本当の盛りは月末前後だと思われます。
それでも魅力の石段辺り⑥~⑧は見事な眺めでした。
 
e0048413_2126620.jpg
e0048413_21261773.jpg
e0048413_21262763.jpg
e0048413_2126366.jpg
e0048413_21264860.jpg
e0048413_21265885.jpg
e0048413_2127963.jpg
e0048413_21272444.jpg

by kamogawa35 | 2011-11-27 21:31 | 京都の四季 山科 | Comments(2)

勧修寺 紅葉の始まり

山科小野にある勧修寺(かじゅうじ)で紅葉が始まりました。
勧修寺は西暦900年(昌泰三年)に醍醐天皇が創建された歴史のある大寺院です。庭園の美しさには格別の人気があり訪ねる人が絶えません。
春は桜、夏は花菖蒲・睡蓮ハス、秋は紅葉が境内を彩ります。今、中門②を入った書院前の楓が真っ赤に色付いて書院とのコントラストが最高の美しさです③④。
皆さんこの場所で嘆声をあげながら何枚も写真を撮っていました。
e0048413_21275483.jpg
e0048413_21281058.jpg
e0048413_2128215.jpg
e0048413_21283333.jpg
e0048413_21284427.jpg
e0048413_2129089.jpg

by kamogawa35 | 2011-11-26 21:32 | 京都の四季 山科 | Comments(2)

山科区の日の岡にある日向大神宮で秋の大祭が16日は外宮②で17日は内宮③であり見学しました。
 日向大神宮は京都で一番古い神社だったと伝えられていますが応仁の乱でいったん途絶え江戸時代に復活して現在に至っています。
九州高千穂の峰から神霊を招いて日向(ひむかい)大神宮と名乗ったそうです、外宮と内宮を備えているため元伊勢神宮とも言われ、すぐそばが東海道だったので旅の安全を伊勢神宮の代わりに参拝していたようです。
 17日は神嘗祭を記念した内宮の大祭でした、神主が神殿に進み祝詞をあげ神前に伏している間に古式にのっとった「人長の舞」が笙、篳篥、太鼓つつみ、筝など豪華な雅楽演奏⑦に合わせてて舞われました⑧⑨。人長の舞は雅楽の中でも特に重要な舞で上賀茂神社・八坂神社・今宮神社などでは夜に舞われるのを見ていますがここでは午後3時頃の舞でした。
 荘重な神楽がが終わったあと参拝者が希望すれば内宮に入り本殿前で特別に参拝出来ました(10)、こんな貴重な機会はまたとないので私も希望して参拝しました、ラッキーでした。
e0048413_2048419.jpg
e0048413_20485658.jpg
e0048413_2049919.jpg
e0048413_20492164.jpg
e0048413_2051211.jpg
e0048413_20511320.jpg
e0048413_2051255.jpg
e0048413_2051362.jpg
e0048413_20514843.jpg
e0048413_2052048.jpg

by kamogawa35 | 2011-10-18 20:57 | 京都の四季 山科 | Comments(0)