カテゴリ:京都の四季 洛東( 672 )

智積院 盛り

今日の1回目です

東山七条にある真言宗智山派の総本山「智積院」で紅葉が盛りを迎えました、ここは観光寺院ではありませんが本山寺院らしい風格があり、お寺の僧侶達も親切で心の通った挨拶と会話をしていただける気持ちの良い寺院です。
 紅葉の名所になっていませんが名所に負けないくらいの美しいカエデが盛りになっていて大満足でした、特に鐘つき堂周りの紅葉は見事でした。
e0048413_20171736.jpg
e0048413_20164775.jpg
e0048413_20154731.jpg
e0048413_20151753.jpg
e0048413_20144105.jpg
e0048413_20141040.jpg
e0048413_20134019.jpg
e0048413_20131131.jpg

by kamogawa35 | 2017-11-20 20:20 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

真如堂 紅葉がスタート

今日の3回目です。

左京区真如町にある紅葉の名所 真如堂でモミジが美しくなってきました。
早朝訪問で写しました、まだピークになっていません、来週はもっと見事になるでしょう。
ご覧ください。
私は終盤の敷きもみじを楽しむために月末にもう一度訪ねようと考えています。
e0048413_21460932.jpg
e0048413_21455557.jpg

e0048413_21484353.jpg
e0048413_21452886.jpg
e0048413_21451588.jpg
e0048413_21450034.jpg
e0048413_21444792.jpg
e0048413_21443693.jpg
e0048413_21442019.jpg

by kamogawa35 | 2017-11-17 21:50 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

建仁寺

今日の1回目です

京都を代表する花街の花見小路を南に抜けたところに臨済宗大本山の「建仁寺」があります、紅葉はまだでしたが訪ねました。
入り口を入ると宗達が描いた国宝の風神雷神図が飾ってあります、複製ですが国宝の本物わらない見事なものです。
魅力いっぱいの庭園をいろいろ楽しみました。
法堂天井の双龍図はいつ見ても魅力いっぱいです。
e0048413_20362192.jpg
e0048413_20361292.jpg
e0048413_20355650.jpg
e0048413_20354511.jpg
e0048413_20353399.jpg
e0048413_20345208.jpg

by kamogawa35 | 2017-11-17 20:37 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

永観堂 紅葉が盛り

今日の2回目です

紅葉の名所中の名所として人気の「永観堂」に早朝行きました、まだ拝観はスタートしていませんが山門をくぐるとあたりは紅葉があふれています。
まだ団体の観光客は来ていないのでゆっくりと美しいモミジに浸りました。
拝観をしなくても充分楽しめました。
e0048413_22431688.jpg
e0048413_22430684.jpg
e0048413_22425696.jpg
e0048413_22424463.jpg
e0048413_22423534.jpg
e0048413_22422506.jpg

by kamogawa35 | 2017-11-16 22:45 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

南禅寺 天授庵

南禅寺の三門のそばにある「天授庵」は美しい紅葉が人気の塔頭です。
 門前の参道からの紅葉があまりにも素晴らしく、思わず訪ねてしまいました、早朝でまだ拝観が始まっていませんでしたがお願いして少しだけ写させていただきました、美しい模様の庭園で紅葉のグラデーションを楽しみました。
e0048413_22163866.jpg
e0048413_22163336.jpg
e0048413_22162504.jpg
e0048413_22161887.jpg


e0048413_22160612.jpg
e0048413_22160003.jpg
e0048413_22155361.jpg
e0048413_22154466.jpg
e0048413_22152639.jpg

by kamogawa35 | 2017-11-15 22:20 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

南禅寺

京都市内も紅葉が目立ってきました、名所中の名所で臨済宗 京都五山別格の「南禅寺」へ早朝に行きました、まだ参拝者はパラパラです。
今回は左右にそれず山門から法堂・方丈と中心線を早足にめぐりました、盛りの直前でしたが充分楽しむことが出来ました、後半にもう一度来て散りもみじを鑑賞したいと考えています。
 さすが南禅寺、広い境内たるところで美しい紅葉が見られます(境内は無料)、また方丈や塔頭寺院(有料です)でも美しい紅葉の庭を公開しているところがあるので期待を裏切られることはありません。
 
e0048413_20381656.jpg
e0048413_20375903.jpg
e0048413_20375169.jpg
e0048413_20373739.jpg
e0048413_20372115.jpg
e0048413_20362791.jpg
e0048413_20360478.jpg
e0048413_20353881.jpg
e0048413_20351105.jpg
e0048413_20345198.jpg
e0048413_20343810.jpg
e0048413_20341103.jpg


by kamogawa35 | 2017-11-13 20:41 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

櫛まつり 安井金毘羅宮

東山の安井にある安井金毘羅宮は縁切りと良縁祈願の神様として人気があります、若い女性たちが多く訪れる人気のポイントです。
女性たちのほとんどが挑戦するのが縁切り・良縁祈願の大岩くぐりです、休日には長い列ができます。(10.11)
また縁切り祈願の絵馬もどっさり掛かっていてびっくりします。(9)
 その安井金毘羅宮で女性の髪を美しく飾る櫛に感謝し、供養する京都らしい「櫛まつり」が昨日ありました、13時から櫛供養が行われ14時からは、古代から現代までの時代風俗行列の女性が神社から祇園界わいを練り歩き多くの観光客がカメラに収めていました。
各時代の髪型・衣装をまとった様子は大変華やかで外国からの観光客はみなさん興味深げに笑顔で観覧していました。
e0048413_16571841.jpg
e0048413_16571174.jpg
e0048413_16565961.jpg
e0048413_16565300.jpg
e0048413_16564512.jpg
e0048413_16563976.jpg
e0048413_16563168.jpg
e0048413_16562237.jpg
e0048413_16545496.jpg
e0048413_16544584.jpg
e0048413_16542924.jpg

by kamogawa35 | 2017-09-26 07:39 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

真如堂 秋景色

小雨の降った昨日、左京区の真如堂に行きました、境内の木々が雨で洗われてとても清らかな気配が満ちていました、あちこちに植えられている萩や彼岸花が咲いていて楽しめました、静かな境内を散策する愉しさを満喫しました。
11月になると紅葉狩りで賑わいますが今はとても静かです。
e0048413_22244656.jpg
e0048413_22241713.jpg
e0048413_22234603.jpg
e0048413_22231679.jpg
e0048413_22222964.jpg
e0048413_22202677.jpg
e0048413_22195535.jpg
e0048413_22215921.jpg
e0048413_22212825.jpg

by kamogawa35 | 2017-09-23 22:43 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

今熊野観音寺 残暑

京都東山の泉涌寺エリアにある今熊野観音寺は西国三十三所の第十五番札所です、多くの巡礼参拝があります。
本尊は十一面観音です、本堂に上がって鐘を撞きゆっくり手を合わせました。
 境内には多くの楓があり秋には朱色の宝塔とのコントラストが魅力で多くのもみじ狩り参拝者でにぎわいます。
 今は残暑の真っ最中参拝者もちらほら、私も汗をかきかきのお参りでした、紅葉の頃に再訪を予定して参拝終了しました。
e0048413_10501606.jpg

e0048413_10500947.jpg

e0048413_10500287.jpg
e0048413_10495528.jpg
e0048413_10493649.jpg



by kamogawa35 | 2017-08-27 10:51 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)

建仁寺 夏

臨済宗大本山で京都五山の一つ「建仁寺」に行きました、祇園の花街が隣にあるのに境内に一歩入ると一帯は禅宗の本山らしく簡素で引き締まった静謐の気配に満ちています。
 望闕楼と呼ばれる三門を眺めてから本坊に入ると俵屋宗達が描いた国宝の「風神雷神図」(複製)が迎えてくれます、時間をかけて鑑賞しました。
 今回は拝観順路を変えて初めに天井に描かれた双龍図(小泉淳作 2002年作)を眺めるため法堂に入りました、迫力のある見事な天井画です、撮影もできます。
 戻って方丈前の石庭 大雄苑を座って鑑賞、般若心経の部屋を横目に本坊中庭の 聴音庭へ、魅力いっぱいの緑の庭を眺めながらのひと時で心を癒しました、混んでいなくて夏の禅寺もおすすめです。
e0048413_08544956.jpg
e0048413_08543824.jpg
e0048413_08542647.jpg
e0048413_08541851.jpg
e0048413_08535568.jpg
e0048413_08540092.jpg
e0048413_08535124.jpg
e0048413_08534254.jpg
e0048413_08533708.jpg
e0048413_08532788.jpg
e0048413_08532024.jpg
e0048413_08531442.jpg

by kamogawa35 | 2017-08-22 08:57 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)