2017年 11月 02日 ( 1 )

亥の子祭 護王神社

京都御苑の西側にある「護王神社」は足腰の神社として名高い神社ですが京都御所とも深い関係があるようです。
 昨夜「亥の子祭」があって見に行きました、この行事は平安時代に宮中で、亥の月・亥の日・亥の刻に亥の子餅を撞いて無病息災、子孫繁栄を祈っていた儀式を復元したもので毎年11月1日に行われます。
 王朝絵巻さながらの典雅な儀式が魅力で、神職と美しい衣装に身を包んだ五人の女房達で餅を撞き上げる儀式が雅楽が奏される中で執り行われました、見ていてため息が出ました。
撞かれた餅の一つは本殿に、もう一つは京都御所に献上されました。
e0048413_19030070.jpg
e0048413_19025642.jpg
e0048413_19025117.jpg
e0048413_19024722.jpg
e0048413_19023237.jpg
e0048413_19022593.jpg
e0048413_19020903.jpg
e0048413_19015677.jpg
e0048413_19013236.jpg

by kamogawa35 | 2017-11-02 18:53 | 祭り | Comments(0)