東福寺 涅槃会

16日まで行われている東福寺法堂の涅槃会に行きました。
涅槃会(ねはんえ)は、釈迦の入滅(にゅうめつ)の日(旧暦2月15日)にお釈迦様の遺徳を偲び、報恩のために行う法要です。
東福寺では毎年月遅れの3月15日に催されます。(16日まで行われています)
東福寺の涅槃会で開帳される大涅槃図は縦12M横6Mの巨大なもので室町時代の画家・明兆による作品です。
また、天井には堂本印象の筆になる見事な龍が描かれています。
多くの参拝者が来ていました。
e0048413_17235594.jpg
e0048413_17235062.jpg
e0048413_17231927.jpg
e0048413_17231314.jpg
e0048413_17415111.jpg
e0048413_17230080.jpg
e0048413_17225717.jpg
e0048413_17224940.jpg

by kamogawa35 | 2017-03-15 17:24 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)