建仁寺

京都市内東山にある建仁寺を訪ねました、中国から最初に茶を持ち帰った事で知られる栄西禅師が開いた臨済宗の大本山で鎌倉時代の建仁二年に開かれています。
 参観に入ったところで国宝の風神雷神図の複製が迎えてくれます、誰が見てもわからないほどの見事な出来栄えのデジタル写真です、大方丈などの襖絵も本物そっくりの複製です、どちらも写真OKでウレシイ。
大方丈前の枯山水の雄大な庭園を楽しみました、もう一つの魅力の庭園は中庭の潮音庭です、広間に座ってじっくりと愉しみました。
法堂の双龍図は小泉淳作さんが平成14年に完成させたもので大変人気があります。
建仁寺の北隣は観光の人気スポットの祇園ですが別世界の禅の雰囲気が体感できるおすすめポイントです。
e0048413_19171161.jpg
e0048413_19175832.jpg
e0048413_19174598.jpg
e0048413_19182819.jpg
e0048413_19181344.jpg
e0048413_19185481.jpg
e0048413_19183826.jpg
e0048413_1919182.jpg
e0048413_1919330.jpg
e0048413_19194423.jpg
e0048413_19192783.jpg

by kamogawa35 | 2014-07-03 19:24 | 京都の四季 洛東 | Comments(0)