祇園白川 花ざかり

京都の花街の中心、祇園白川の辺りでしだれ桜が満開を迎え多くの観光客が来ています、昼間も夜もすごい人で写真になりません、改めて早朝に行って写しました。
 吉井勇の有名な歌碑「かにかくに祇園は恋しねる時も 枕の下を水の流るる」のあたりが雰囲気サイコーの花ポイントとなっていて大人気です、今週後半からはしだれにソメイヨシノも咲いて大変なにぎわいになりそうです。
e0048413_1983189.jpg
e0048413_198448.jpg
e0048413_1985489.jpg
e0048413_199466.jpg
e0048413_1991651.jpg
e0048413_1993393.jpg
e0048413_1994856.jpg

Commented by まこ at 2013-03-27 10:11 x
祇園白川の桜 素敵ですねぇ~
人のいない静かな写真は、ホント早朝でしか撮れないでしょう。静かな中でこそ、桜に酔いしれることができますね。
写真から雰囲気が伝わってきます。
Commented by kamogawa35 at 2013-03-27 23:18
まこさん
コメントありがとうございます、本当は夜桜の雰囲気を写したいのですが・・・・人が多くて写真にならないと思うので人のいない朝に写しています。
by kamogawa35 | 2013-03-26 19:10 | 桜を追って | Comments(2)